2018年10月21日 (日)

今年は不出場のアクアラインマラソン 2年後は再び!

こんばんは、小池正昭です。

今日は昨日にも増して天候に恵まれました。
2年に1度開催される「ちばアクアラインマラソン」も今日が開催日。
色々なところで「今年も出るんですか?」と尋ねられ。今日も「マラソンはいかないんですか?」と聞かれました。

前回と前々回は、苦しみながらもどうにか完走しました。
しかし、さすがに若いころとは違う自らの身体を実感し、特に普段スポーツを継続的にやっていないこともあって膝などを故障しながらの出場でした。
「今年はハーフでも」との思いもあったのですが、地元の行事との兼ね合いもあり出場を控えました。
ただ、「2年後はまた出場したい」との思いもありますので、その気持ちはしっかりと持って日々過ごしてまいりたいと思います。

さて、午前中は地元の遠山地区敬老会。
430人の方々が遠山中学校の体育館に集まり、芸能プログラムなど楽しんでいただきました。
新旧住民が入り混じる遠山地区、現在国際医療福祉大学の附属病院が急ピッチで建設され、更に京成本線上への新駅構想も進められています。
成田空港の西側に隣接するこの地域が、今後もしっかりと発展するように地元への恩返しをするつもりで今後の活動を継続している所存です。

その後は2日目の「成田弦まつり」、午後からは息子と共に大栄公民館で開催された成田フィルハーモニー管弦楽団のファイリーコンサート、宇都宮高明成田市議会議員が立ち上げ理事長を務める「成田医療2038研究所」による医療公開セミナーに参加しました。

色々な方面から注目される成田市、特に医学部の新設によって今後の医療環境をはじめ新たな産業の創出など変化があると期待されています。
私としても世界の結節点の利点を生かし、世界的視野を持った都市づくりを進められる環境にある成田市を引き続き成長発展させるため、あらゆる方面にアンテナを伸ばし政策立案、そしてその実行に努力してまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

今年は天候に恵まれた「成田弦まつり」

こんばんは、小池正昭です。

Img_8650Img_8653Img_8655Img_8660昨年は台風でプログラムのほとんどが影響を受けた「成田弦まつり」。
今年は今日の日に合わせるかのように天候が回復し、イベント日和となりました。
午前10時からは成田山総門前広場で開会式。
その後は、JR成田駅から成田山へ続く表参道と成田山総門前や新勝寺など各所にステージが設けられ、訪れる人々を楽しませてくれていたように思います。

Img_8671Img_8676Img_8681Img_8686そして初日のメインイベントは、夕方4時から成田山新勝寺本堂前での「成田山奉納 津軽三味線大演奏」。
今年は例年にも増して笛太鼓、踊りや唄もあり、と素晴らしいステージであったと思います。
尚「成田弦まつり」は、明日10月21日(日)も開催しています。
明日は特にお出かけ日和との事。秋の行楽シーズンい皆様どうぞ”成田”へお出かけいただければと思います。

Img_8668第6回古典の日記念 朗読コンサートに来賓として出席しご挨拶させていただきました。
「 古典の日に関する法律」が国会の衆参全会一致で可決して以来、全国で色々な動きが出てきました。
11月1日の古典の日の前後に全国でも「朗読コンサート」などの催しが行われ、日本の伝統文化を維持継承しようとする活動が行われています。
今日も、源氏物語、枕草子、万葉集、方丈記など日常では触れることのできない古典に触れさせていただきました。
また、このコンサートを主催されている神郡一成会長はじめ役員の方々や、出演された市民の皆さんの日頃の活動に改めて敬意を表したところです。
そして何としても次世代にも繋げていかなければならない行事であると実感させていただきました。

さて、今夜は息子と二人水入らずとなりましたので、この後は男同士で夕食を共にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

10月20日 千葉県男女共同参画センターが移転します

こんにちは、小池正昭です。

今日は午前中に地元の三里塚第一保育園、第二保育園の園児たちと芋ほりを行いました。
5月に苗を植えてましたが、それから5カ月。畑に来たという記憶はあったようですが、何をしたのかはよく理解できていなかったようです。
そして今日が収穫。はじめは園児たちも恐る恐る土を触っていましたが、さつま芋の姿が見えると力を入れて土をかき分け多くの歓声が上がっていました。
今年は例年と比べると小ぶりでしたが、園児たちにとって良い経験が出来たのではないかと思います。

さて、県の男女共同参画課より、かねてより移転計画を進めてきた「千葉県男女共同参画センター」が明後日の10月20日(土)に正式に移転することが発表されました。

旧センター 千葉市稲毛区天台6-5-2 旧青少年女性会館内
新センター 千葉市中央区都町2-1-12 千葉県都町合同庁舎1階

新たな施設の特徴は以下の通りです。

  • 面積が1.7倍
  • 情報コーナーにキッズスペースと専用託児室を新設
  • 自由に利用可能で市町村の情報も提供する交流スペースを新設
  • 少人数から最大100名程度が利用できる専用会議室を設置

委員長を務める総合企画水道常任委員会の所管課でもあるため、新たなセンターの利用状況など今後も注視し、昨今の複雑多岐にわたる県民のニーズにこたえられるセンターとして位置付けられることを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

KYB免震・制振装置のデータ改ざんについて

こんばんは、小池正昭です。

県議会は決算審査特別委員会が開催されています。
実質的審査は6日間の予定で各部局の審査が進められています。
今回の委員には該当しませんが、その議論についてはしっかりと把握して参りたいと思います。

さて、連日様々なニュースを見聞きしますが、油圧機器メーカーKYBとその子会社による免震・制振装置の検査記録データの改ざんは、大きな問題であると受け止めています。

常に地震に対する備えをしなければならない我が国にとって、免震・制振技術の研究は長く続けられてきました。
実は私も大学において地震時における建物の柱の性状に関して研究し、当時既に積層ゴムを利用した免震や、オイルダンパーを用いた制振に関しても学びました。
その後、実際に広く免震・制振装置が実用化されてきたわけですが、建物被害を防ぐ目的で設置された装置のデータが本来と異なるものであるという事は、設計過程の検討を根本から覆すものであり重大な瑕疵であると考えます。

数年前、免震ゴムのデータ改ざんを思い起こしますが、「またか」という思いを覚える今回の報道です。
今のところ千葉県内においてこのKYBのデータ不適合の疑いがある装置の使用が判明しているのは36件で、そのうち28県は民間の建物であるとの事です。
この中には公共建築物も含まれており、県民の不安も広がりを見せていると感じていますので、県や各自治体としても適切かつ早急な対応をしていかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

台風24号による農林水産業被害 過去10年で3番目被害規模

こんばんは、小池正昭です。

暑さが厳しかった夏が懐かしく感じるほど涼しくなって秋めいてきました。
実は少し体調を崩し気味です。
皆様も季節の変わり目、どうぞお気を付けください。

さて、台風24号による県内の農林水産業被害ですが、全体被害額が約23億1,000万円と公表されました。主なものは以下の通りです。

  • 農作物等1,022ha 被害額:14億6,253万円 被害:だいこん、キャベツ 主な市町村:銚子市、富里市
  • 農業施設等92ha 被害額:7億6,692万円 被害:ビニールハウス 主な市町村:船橋市、柏市
  • 林地等12箇所 被害額:6,646万円 被害:治山施設 主な市町村:匝瑳市、長生村
  • 水産業施設等105件 被害額:4,438万円 被害:漁港、漁具 主な市町村:館山市、勝浦市

このうち、農作物の主な被害内容は、

  • だいこん 181.9ha 4億8,597万円
  • キャベツ 231.4ha 4億4,966万円
  • にんじん 309.8ha 1億9,964万円
  • ねぎ    151.6ha 1億8,053万円

また、ビニールハウスですが、柏市、成田市、旭市などで42haで5億2,813万円という大きな被害でした。

この被害は過去10年で3番目の大きなものとなっており、県では、生産者が再生産に必要な資金または施設の復旧資金を低利な金利で融資する「千葉県農業災害対策資金」を発動しました。

また国に対して、災害関係資金についての無利子化及び保証料免除の措置、生産者による農業施設等の再建、修繕及び撤去の取り組みに対する支援の速やかな適用を求めたところです。 

農林水産業を産業の柱として位置付ける千葉県として、しっかりとした対応していかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

消費税10%へ 安倍総理が表明

こんばんは、小池正昭です。

昨日投開票となった君津市長選挙は、石井宏子氏が当選となりました。
自民党として友党の公明党と共に推薦した渡辺吉郎氏は及びませんでした。
自民党所属議員としては残念な結果ではありますが、新市長となられる石井宏子氏には、これまでの県議会議員としての経験を活かし、君津市の発展に努めてもらいたいと願うところです。

さて本日、安倍総理は消費税の10%への引き上げを来年10月1日に行う事を表明しました。
これまで2度の延期で、”再々延期”もありうるのではないかとの様々な意見に対して、明確な方針を示したものといえます。
私も、今後の国家運営や世界から見た日本の財政状況など様々な視点において、今回は「引き上げざるを得ない」、また「再々延期してはならない」と考えていました。

ただ、当然に経済に与える影響は多大であるため、これまでの消費税率変更の際よりもさらに踏み込んだ景気対策などを実施する必要があります。
また、複雑であるとされながらも食品など日用品に対する「軽減税率」の導入なども行われるべきと考えています。

消費税2%による増収は5兆円を超えますが、政府においては、将来にわたる社会保障制度の確立と国民生活の向上、そして日本の今後の成長に資する消費税率の変更となるように、関連政策をしっかりと実施して欲しいと強く求めていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

本城ふれあいフェスティバル、美郷台さとみ会「長寿を祝う会」など

こんにちは、小池正昭です。

今日は朝方に強い雨が降り、イベントなどへの影響を心配しましたが、成田市内は曇り空でほとんど雨も降らず、予定通りの行事が出来たようです。

Img_8548私はまず、地元地域で開催された「本城ふれあいフェスティバル」へ。
今の形になってから毎年地域後援会の「翔池会」で出店させていただいています。
今年のメニューは、牛タンつくね400本、胡瓜の1本漬け100本、チョコバナナでしたが、お陰様で完売となりました。
また、途中で餅つきもさせていただくなど、大変楽しいひと時を過ごさせていただいたと思います。
Img_8549この本城地区、最近でも人口の流入が続き小学校も増築中で、地区住民相互のコミュニティづくりが重要となっています。
その中で今日のフェスティバルは有意義であり、新旧住民の親睦も様々な形で図られたのではないかと考えています。
今後もこの本城地区に隣接する地区に居住する身としては、本城地区の様々な課題解決と一層の振興・発展に力を注いでまいりたいとの思いです。

そして日中は、高齢者クラブ「美郷台さとみ会」の”長寿を祝う会”にお邪魔させていただき、人生の先輩方と色々なお話をさせていただきました。
70代後半になっても東京中野区まで通い、まだまだ現役で活躍されている方もいらっしゃるなど、頭の下がる思いでもありました。
今後もこれまでの知識と経験をいかんなく発揮していただき、併せて健康を維持していただきたいと切に願うものです。

さて、今日はこの後、本城ふれあいフェスティバルの打ち上げに参加の予定のため、早めの更新で失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

NARITA花火大会 今年も感動をありがとうございました!

こんばんは、小池正昭です。

Img_8494Img_8505今日はまず、第34回少年野球千葉県選手権大会の開会式。地元の成田市のナスパ・スタジアムで開催されました。
そして少年野球連盟の名誉顧問としてご挨拶、選手を激励させていただきました。
今年の野球シーズンも大詰め。
各地域を勝ち抜いてきたチーム同士の戦い、熱戦を期待したいと思います。

続いては、昨年開園した三里塚みらい保育園の運動会へ。
曇りの予報であったはずが、10時過ぎから急に雨が落ちてきて、急きょ園児・保護者共に屋内へ避難。
結局、園内のホールで可能なプログラムのみを行うという形となってしまいました。
後で聞いてみると、雨が降ったのは私の地元地域だけであったようで、約30分間くらいのみの雨でした。
ただ、気温も低く強行するには無理があったと思いますので、賢明な判断としてご理解いただきたいと思います。

Img_8510続いては、幕張メッセでの千葉県私学振興大会〜私学教育を考える集い〜。
スポーツで優秀な成績を収めた選手、東京オリンピック・パラリンピックジュニア特別強化指定選手が紹介されました。
公立学校と共に千葉県の教育振興に重要な役割を果たしている私学教育。
引き続き所属する私学振興議員連盟の活動に参加し、支援をしてまいりたいと思います。

Img_8529そして夜は、NARITA花火大会。
何と開会直前になって、急病人が発生した飛行機が成田空港へ緊急着陸するため、打ち上げ時間の調整の要請が成田空港から入りました。
そのため、セレモニーなど開始を30分遅れとしてスタート。
さらに、プログラムの途中でしたが、当該機が無事に着陸するまでのタイミングで約10分間程の中断もありました。

花火大会の会場は、成田空港からおおよそ北西に10km以上は離れていますが、花火の打ち上げに際しては航空管制の関係で許可を要します。
これまで重ねてきた大会の中で今回のような要請は初めてのことでしたが、ある意味「成田らしい」とも言えるのかもしれません。
何といっても、打ち上げが遅延する案内をした際にも、会場に詰め掛けた多くの方々にはご理解いただけていたようで、安心しました。

さて、肝心の花火ですが、今年も更にスケールがアップし、見応えあるものでした。
NARITA花火大会ならではというプログラム、そして毎年最終を飾る「黄金伝説」。
会場で観覧した方々は、その迫力と美しさに魅了されたことと思います。

そして、何といっても毎年この花火大会を企画・主催していただいている渡辺直樹実行委員長をはじめとする実行委員会の皆さん、そしてボランティアの方々、消防、警察、警備、地域団体などなど、本当に大変なご苦労があったことに感謝しなければなりません。
今や全国的にもその知名度が上がったこの「NARITA花火大会」、今後の多くの期待に応えるためにもその運営に対するご支援とご協力を広くお願い申し上げたいと思います。

実行委員会の方々、またその他関係された方々、本当にお疲れ様でした!
そして今年も感動をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

酒量が多くなりそうなので事前の更新

こんばんは、小池正昭です。

今日は午前中、種子法廃止に伴う今後の影響など、農業関係の方と意見交換させていただきました。
その中で、千葉県へのご要望もありましたので、私自身も理解を深めてしっかりと対応させていただこうと思います。

午後からは、成田ユネスコ協会の理事会。
そして夕方からは、ユネスコ協会から社会教育功労者表彰を受けられた大槻副会長、谷平理事、また成田市議会議員でこの度議員在職30周年の表彰を受けられたユネスコ協会の宇都宮副会長のお祝いの会が開催されました。
成田ユネスコ協会は、空の玄関口である成田空港の地元において、国際交流、日本文化の紹介、識字率向上のための世界寺子屋運動、環境教育、ユネスコへの理解のための教育活動、そして被災地支援などその活動は多岐に渡っています。
私としては活動に参加できる機会が少なく申し訳なくも思っているところですが、理事として引き続き活動して参りたいと思います。

さてこの後は、教育関係の方々との懇談会。
毎年お忙しい中、校長先生を歴任された方々や、現職の校長先生、教頭先生が多数参加していただけます。
今日も変化著しい教育現場の実情や今後の教育行政のあり方など、ご教授いただく有意義な機会としてまいりたいと思います。
酒量も多くなることが予想されますので事前の更新とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

本日議会が閉会

こんばんは、小池正昭です。

9月13日(木)に召集された9月定例議会も今日の本会議で、補正予算など含むすべての議案を可決し閉会しました。

本会議を前に、県土整備部と打ち合わせ、また鉄道問題対策議員連盟の総会、そして議員総会と続き本会議では、総合企画水道常任委員長として委員会報告を行いました。

発議案として議員提案された「千葉県文化芸術の振興に関する条例」については、反対を表明していた共産党からも明確な通告もなく討論なしとの情報でしたが、いざふたを開けてみると他の議案と合わせての討論の場で、明確な反対の理由を述べ堂々と自らの主張をしていました。
議会運営の基本的な取り決めを守らずに唐突に討論するという手法。
全く理解できませんでしたが、共産党を除く他の会派全員の賛同を得ることが出来た結果からすれば、条例への理解は十分にあったと判断しています。
そして、条例に書き込まれた今後の県としての取り組みに期待するものが多く、県においてはしっかりと条例の趣旨に則った施策の展開を進めて欲しいと強く要望するところです。

議会は閉会しましたが、決算特別委員会による平成29年度決算の審査、そして11月28日には12月定例議会の開会と、この間は忙しない日々となる見込みです。

任期も残り半年と少し、気持ち的にも忙しなくなりますがしっかりと責任を果たしてまいる所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«君津市長選挙で県議会に新たな欠員