2020年10月21日 (水)

ANA国際線 羽田集約の報道を受けて

こんばんは、小池正昭です。

Img_1792 今日は晴天に恵まれ、予定していた保育園児とのおいも掘り。
6月3日に植えた芋苗もツルが長く伸び、収穫時期を迎えました。

対象の園児は4歳児と5歳児。
特に年長の5歳児は例年よりも行事等が縮小されてきているため、最終年度の貴重な思い出や体験をどう確保してあげられるのかを模索しているところです。

これから本格的な冬の到来を前に健康管理が重要となりますが、対策を講じながらできる限り様々な体験の機会を確保してあげたいと考えています。

さて、厳しい状況が続く航空業界。
成田空港のある私の地元にとっては、今後の動向が非常に気にかかる事態となっています。

今日の報道でもこれまで路線拡大を続けてきた全日本空輸ANAが巨額の赤字に陥ることの予想を発表し、国際線についてまずは羽田空港に集約して回復を目指すとのことも合わせて示されました。
既にボーナスと給料のカット等も示され、非常に厳しい状況にあることは理解していましたが、国際線が主力で年間発着枠50万回を目指して施設整備など機能強化を進めている成田空港にとっては、無関心でいられません。

私自身も成田空港から既に羽田空港に国際線の主要路線が多く移ったことや、総合的利便性などからもコロナ後の国際線の回復過程においては羽田優位が働くことを予想していましたが、現実にそれが起きつつあると思います。

一方で、世界的にも珍しい中長距離国際線LCCとして成田を拠点に運行を始めた「ZIPAIR TOKYO」は、乗員などのスタッフの採用拡大を行うとの発表もありました。
これについては正直に歓迎すべきものですが、今後の航空業界の環境改善が早期にかつ大きくは見通せない中では引き続き不安も感じてしまいます。

地元成田では比較的航空貨物関係の落ち込みが少なく、一部では非常に忙しいという声も聞こえてきます。

かつて「成田空港は貨物空港になってしまう」との空港の将来性に不安の声もありましたが、実は空港の総合力として貨物便の存在は欠かせません。
特に成田周辺では航空貨物による雇用が地域経済を支えている事実があり、今では航空貨物の存在が非常に大きなものと言えます。

政府においては、経済活動の再開とともに世界との人の行き来を徐々回復させる方針で、来年のオリンピック・パラリンピックに向けても準備が行われつつありますが、成田空港にとっては開港以来のこの危機をどのように乗り切るのかを考えていかなければなりません。

成田空港に関する政策を第一に掲げてきた私としても、このような危機的時期にこそ政治的な立場から活動を強化しなければならないとの思いを強くした航空業界の動向、非常に難しい局面ですが関係機関や企業との連携を蜜にして情報収集、そして行動していきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

懸案の道路未成整備区間 何とか道筋を!

こんばんは、小池正昭です。

Img_1775 今日は午前中に所用で富里市役所へ。
まずロビーで目に入ってきたのが写真の書。
その迫力と内容に元気をもらった気がしましたのでSNSにもアップさせていただきました。
皆様にも少しでも前向きな気持ちになっていただければ幸いです。

午後からは県庁へ。

Img_1780 Img_1788 「県道成田神崎線整備促進期成同盟」の県議会と執行部への要望に立会いました。
この要望では合わせて、長年懸案となっている成田市下総線の土室と大室に残る2箇所の未整備区間についてもその早期整備が強く要望されています。

地元土木事務所と成田市でもその課題意識を強く持って取り組んでいますが、土室区間については少しずつ進捗が見られるものの、大室区間については全く見通しが立っていません。

Img_1785 特にこの大室区間は、成田の市街地と圏央道下総IC、そして神崎町や香取市域とを結ぶ円滑な道路ネットワーク構築のためにも、狭隘かつ不便で安全の確保ができていない現状を早期に改善する必要があると考えています。

県当局には引き続き取り組みを強く要請するとともに、地元市との連携を持って何とかその解決に向けた方策を見出して欲しいと願うところです。
私自身も引き続き解決に向けて出来る支援を行って参りたいと思います。

さて現在は事務所に戻って事務作業、そしてこのブログを更新中。
この後は、高1の長男が膝の痛みを訴えているため市内の医療機関に連れて行きたいと思います。
たまには親としての務めを果たします。

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

千葉県知事選挙について多く問い合わせをいただくこの頃

こんばんは、小池正昭です。

今日は行事等もなかったため比較的ゆったりとした1日。
閉会した9月議会の資料の整理などを中心に事務所での作業となりました。

夜には地元の商店会の役員と懇談。
毎年開催している福引きセールも様々な対策を講じながら今年も開催する方向との事で安堵したところです。

また、その他にも様々に意見交換。
地元の道路問題や新駅設置を含むまちづくりの構想などなど。
若い世代との意見交換の重要性を改めて感じたところです。

そして最近特に問われるのが来年3月に予定されている千葉県知事選挙。
自民党として全スポーツ庁長官の鈴木大地氏擁立の動きが報道され、一方で一部の国会議員から異論が出ていることなどから、「どうなっているのか?」との問い合わせが最近多く寄せられます。

私としてはこれまで支援してきた現職の森田健作知事の対応も明確でないこともあり、新聞等の報道以上の情報もないため何も申し上げられる立場にありませんが、来るべき時が到来した後には自身の立場を明確にして、千葉県発展のためにも知事選挙に向けて関わってまいりたいと思います。

今日はこの秋一番の寒さでした。
そして長野県などの山からも雪の便りもあり、日に日に冬に向かって季節が進んでいることを実感しています。
気温差もあるこの時期、体調管理に気を付けたいと思いますが、どうか皆様も健康管理にはご留意しお過ごしいただければと思います。

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

北千葉道路建設促進期成同盟会が設立されました 早期整備に向けて更に努めてまいります

こんばんは、小池正昭です。

Img_1770  今日は午前中に千葉市内のホテルで開催された「一般国道464号北千葉道路建設促進期成同盟会設立総会」に出席しました。

全長43kmの北千葉道路の内、未整備区間は成田市内の3.7kmと鎌ヶ谷以西の9kmです。
しかし、印西市-成田市間は暫定2車線となっている区間もあり、また市川市の外環道との接続部(仮称)北千葉JCT~船橋市小室間は有料道路と一般道とを併設することがすでに決定し、先ずはその事業化に向けた活動を盛り上げていかなければなりません。

Img_1767 今後は、今日設立された期成同盟会によって、千葉県、沿線市、沿線の商工団体で官民一体となって事業促進活動が展開されるものと思いますが、 私も沿線市の議員としてこの期成同盟会の参与を仰せつかりましたので、市川-船橋間の令和3年度の新規事業化や、地元の成田市内押畑-大山間3.7kmの整備、また印西市-成田市間の4車線化について、より一層尽力して参りたいと思います。

 

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

地元の経済動向調査 依然厳しい実態

こんばんは、小池正昭です。

今日の新型コロナウィルス感染症の新規陽性者が、東京都内では284人、そして千葉県内も54人で2ヶ月ぶりに大きな数字でした。
気温が下がり第3波への警戒も高まる中で、気になる数字です。
明日、明後日は特に気温が下がる予報でもありますので、皆様にはくれぐれも体調管理にご留意ください。

さて、地元の商工会議所から9月に行った経済動向調査の報告書を頂きました。
4月に行った緊急アンケート調査に続いて2回目となり、国、県、市の支援策や金融支援策が支えとなっている反面、依然として新型コロナウィルスの影響が続いている実態と今後先行きへの大きな不安が存在しているとことが浮き彫りとなっています。

今後への対応で寄せられている要望は主に、追加の給付金、低利の金融支援、従業員等の休業への補償、消費活動活性化策などが挙げられています。

特に成田という土地柄、空港関連や観光関連の業態が多く、その裾野も広いことから広範囲で業績が低迷している実態があります。

空港の利用については国内線が持ち直してきているものの依然としてコロナ前の水準には至っていないこと、国際線については回復がさらに大幅に遅れる予想であること、またお正月への備えも進みつつある中で全国有数の参拝客を誇る成田山新勝寺の初詣対応も様々に検討されている中で例年通りの賑わいは期待できないこともあり、地元経済の動向について今後も注視していかなければならないと考えています。

皆様の周りでも様々な状況が発生しているものと推察しますが、必要に応じて支援策を講じるよう国、そして県当局にも働きかけてまいりたいと思います。

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

9月議会を終えて

こんばんは、小池正昭です。

今日は県議会9月定例議会の最終日。

午後1時に開会した本会議で、決算審査特別委員会の正副委員長の互選結果が報告され、その後8つの常任委員長から委員会審査の結果報告。

私からは県土整備常任委員会の審査経過と結果、また関連する事業などに対して行われた質疑のうち、湾岸地域で検討が進められている新たな道路について行われた質疑と要望について報告しました。

採決の結果、補正予算を含めて提案された全ての議案が可決し閉会となりました。

その後は、自民党会派の会議、成田空港推進議員連盟の要望対応、フリースクール等推進議員連盟の教育長への要望活動と続きました。

千葉県では昨年の台風と大雨被害からの復旧と復興、そして新型コロナウィルス対策にあたっていますが、議会閉会中も引き続きその対応に追われます。

私としても、県民の命と健康を守り、県民生活の向上、各産業の振興、そして千葉県全体の発展に資するよう11月27日開会の12月議会開会に向けて活動を続けてまいりたいと思います。

Img_1764 Img_1765 なお、千葉日報社が発行する各議員の一般質問に関する議会報告について、一足先に写真にてお知らせさせていただきます。

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

行政対応のご相談がありました

こんばんは、小池正昭です。

週明けの今日は議会も明日の閉会日を控えて総合調整のため休会。
そのため成田市内にとどまっての活動の一日でした。

午前中には知人を介して事務所を訪ねてこられた御夫婦の相談に対応しました。
内容をこの場では明らかにできませんが、私がこれまで力を入れてきた県の取り組みで、行政側の”誤認”があるというもの。

以前にも同様の相談を受けたことはあります。
その際は行政として優先すべき点を考慮して決断しなけれなならないと考えましたが、今日の相談で改めて”誤認”となる恐れも否定することはできないとの考えも持ちました。

仮にそのようなことがあるとすれば、”誤認”による損害は計り知れないため行政の判断を早期に適切にしなければなりません。
しかし、当の行政側の対応は忙しくて手がまわらないとの回答もあり、担当職員との連絡もなかなか取れず体制が不十分であるとのことでした。

”誤認”の有無は当然ですが、それよりも何よりも行政の対応で後回しにするかのような対応は改めなければなりません。
この点については担当課を通じて是正を要請したいと思います。

その後は農業関係の相談と成田市役所にて打ち合わせが続く1日でした。

さて明日は議会最終日。
県土整備常任委員長として報告する内容も決定しましたので、しっかりと本会議に臨んでまいりたいと思います。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

2年ぶりの私学振興大会

こんばんは、小池正昭です。

台風14号の影響が心配されましたが、進路は東寄りへと変わり関東地方への影響は少なくなりました。
ただし伊豆諸島では大雨による被害が発生しているとの報道もあります。
被害が最小であることを祈るばかりです。

さて今日は午後から幕張メッセの国際会議場で開催された「千葉県私学振興大会」に出席しました。

Img_1752 Img_1751 今年で17回となったこの大会も昨年は台風で中止。
そして今年はコロナ対策を講じての開催となり、2年ぶりの開催ですが参加者数も絞っての対応となっていました。
少し残念であったのが、毎回スポーツなど各種大会で活躍した高校生たちを紹介する場がなかったこと。
例年その雄姿を見ると、”千葉”の力を感じていただけに残念でした。

教育は「国家百年の計」。
少子化傾向で今後も児童生徒数の減少が続きますが、私学が果たしてきた役割、私学に頼ってきた経緯等からも行政としては、引き続き教育における公私間格差を是正し、各私立学校の建学の精神を尊重して支援をしていかなければなりません。

私自身としても教育政策において公立、私立の隔たりをなくし、何よりも「千葉の子供たちの教育のために」との思いで、今後とも教育環境の充実と、子供たちへの支援、そしてその保護者の負担軽減に努めてまいりたいと思います。

| | コメント (0)

2020年10月 9日 (金)

減少傾向とは言えない千葉県の新規陽性者数

こんばんは、小池正昭です。

台風14号の動きが遅く、また本来であれば偏西風に乗って弱まりながら北東方向へ進むと思いきや、明後日以降南へ進路を変える予報。
これまでの台風とは異なる進路に戸惑いも感じます。

関東地域では風などの影響は大きくないとみられますが、雨量は多くなる見込みですので明日から明後日の早い時間まで引き続きの警戒をお願いします。

さて、議会は昨日までに各常任委員会の審査が終わりました。
残る日程は、13日火曜日の本会議にて各議案などの採決を行います。
そして決算審査へ。

1年で定例議会の間隔が最も短い時期を迎えますので、12月議会への準備も早々に進んでいきます。
特に、12月定例議会での自民党代表質問の準備を進めなければならず、例年とは異なる時間を過ごすこととなりそうです。

さて、新型コロナウィルスについて、今日の新規陽性者数は39人でした。
9月から今日までの傾向ですが、1週間の中で増減はあるものの確実な減少傾向とは言えず、むしろ40人前後で留まっており今後の推移が非常に気にかかる数字が続いています。

重症者数は14人で病床稼働率が28%。
軽傷者用ホテルの稼働率が11.5%と、数字的には安定しているものの季節が変わってきた中で体調にも変化が出やすい時期となったことから、一層の警戒も必要です。

皆様にはこの週末、引き続き感染防止に気をつけてお過ごしいただきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

成田空港拠点のZIPAIR ソウル線の旅客便就航へ

こんばんは、小池正昭です。

今日は朝から冷たい雨の1日。
気温も上がらず上着なしではいられない寒さを感じました。
秋本番へ向かっていることを実感しますが、気温差により体調を崩すことのないようお気を付けください。

それと天気で気になるのが台風14号の影響。
予想進路では、東海から関東に上陸の恐れもあります。

未だ昨年の相次ぐ台風の記憶も新しく、復旧途上の千葉県としては準備を万全にしなければなりません。
皆様にも警戒をお願い致します。

さて、コロナで大きく落ち込んでいる成田空港の国際線旅客ですが、成田空港を拠点に就航をはじめたZIPAIRから、成田-ソウル線で旅客便の就航を10月16日より開始するとの発表がありました。

ZIPAIRは、世界的にも珍しい中長距離便のLCCで、地元成田空港としてもその就航に大きな期待を寄せていましたが、新型コロナウィルスにより予定通りには旅客便の就航が出来ず、6月3日にバンコク線、9月12日にはソウル線を共に貨物便でのスタートとなっていました。

未だにコロナウィルスの影響は続いていますが、政府においても徐々に結びつきの強い国との往来を解除していく方向性を打ち出しています。
そして、一定の条件のもとでは14日間の待機免除も認めることを決定しました。

現在、韓国と日本を結ぶ旅客便は、成田と関西の2空港で韓国の航空会社のみ運行していますが、先ずはZIPAIRが日本の航空会社で韓国のソウルと成田を結びます。

今後、感染防止対策の徹底、特に成田空港における水際対策を引き続き強化しながら、徐々にかつての賑わいが戻ることを期待したいところです。
なお、詳細は以下のページをご覧ください。

ZIPAIRの発表はこちらから

| | コメント (0)

«様々なご相談を受けることで自身の政策立案能力向上へ