2019年11月18日 (月)

「がんばろう!千葉」キャンペーン

こんばんは、小池正昭です。

Img_0461 今日は千葉県戦没者追悼式が千葉県文化会館で開催され、参列しました。
戦後既に74年、時代も平成から令和へと移り、先の悲惨な戦争の記憶が薄れているという危惧もあります。
しかし、現在の日本が世界に誇れるまでに発展してきた中には、戦争で犠牲になられた多くの人々とそのご家族の存在があったこと、そして国民が一丸となって戦後の苦難を乗り越えてきたという事実を忘れてはなりません。
政治に携わる身としては、今日の追悼式において戦没英霊の安らかなる御冥福をお祈りし、日本の平和と繁栄そして世界の恒久平和実現を願い、献花させていただきました。

さて、この秋千葉県を襲来した台風15号、台風19号、そして豪雨。
短期間のうちに連続発生したことで、過去に経験のないような甚大な被害となりました。
現在もなお多くの県民が不自由で不安な生活を強いられ、各産業においても打撃を受けた爪痕が残っています。
全国からも多くおご支援をいただいているところですが、復旧・復興にはかなりの月日を要することが予想され、千葉県一丸となって前へ進む行動を起こさなければなりません。

Design2 県では、被災した方々を応援し、千葉県の元気を取り戻すため、県民、企業、行政等が一体となり全県的な復興気運の醸成に向けて「がんばろう!千葉」キャンペーンを実施することとなりました。
チーバくんをデザインしたシンボルマークを統一的に使って、各種団体や企業などと協働したイベントなどを開催してPRし、千葉県を盛り上げていこうとするものです。
なお、このシンボルマークをイベント等で使用も場合ですが、許諾手続きも事前協議のみで簡略化されているとの事です。
千葉県の復旧復興を全県的に盛り上げていきましょう!

 

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

女子レスリングワールドカップ 日本は明日、連覇を目指してアメリカと戦います!

こんばんは、小池正昭です。

Img_0405 Img_0396 今日はまず、栄特別支援学校の文化祭「栄龍祭」。
開校して今年で3回目の文化祭となりました。
児童生徒の皆さんが元気に学び、活動している様子を拝見することも出来ました。
特別支援教育の重要性や、障がいを持つ子どもたちの進路の問題など、教育という重要な政策の中でしっかりと取り組む必要があります。
引き続き障がい者教育の重要性を認識し、各特別支援学校の活動も応援させていただきます。

Img_0441 Img_0437 Img_0435 その後は、第39回の「成田市産業まつり」へ。
実りの秋を感じさせるこのイベント。今日16日(土)と明日17日(日)の二日間の日程で成田国際文化会館にての開催です。
なお2日目の明日は、成田市観光キャラクター”うなりくん”の誕生10周年を記念したイベントが開催され、“ふなっしー”も来場する予定との事です。
天気は秋晴れでまさにイベント日和の予報となっていますので、是非お出かけいただければと思います。

Img_0444 Img_0443 Img_0459 そして、成田市中台体育館で開催されている「女子レスリングワールドカップ成田大会」へ。
日本は予選ラウンドでウクライナに9-1で順調に勝利し、団体世界一へ向けて順調なスタートを切りました。
17時からはの中国戦には、日本期待の川合姉妹も登場。
順当に中国をも破り決勝への進出を決めました。
明日は世界一連覇へ向けてアメリカと戦います。
日本のいや、世界のトップ選手、来年のオリンピックメダリストの候補たちの戦いを生で観戦できる貴重な機会ですので、是非こちらへも足をお運びいただければと思います。
入場は誰でも無料です!

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

永年勤続優良従業員表彰で感じたこと

こんばんは、小池正昭です。

皇位継承に伴う一世に一度の重要な儀式である大嘗祭が執り行われました。

改めて天皇陛下の御即位を国民の一人として心からお祝い申し上げます。

Bd066929c3724d059ca40603bbad250dそして、地元成田市内の埴生神社でも本日午前10時より大嘗祭に合わせて神事が行われ私も参列させていただきました。

伝統を重んじる国民性をこの令和の時代もしっかりと継承していく重要性を感じた今日の行事です。

その後は成田ロータリークラブの例会、市役所での打ち合わせなどを経て、夕方からは成田商工会議所と成田市観光協会が主催する永年勤続優良従業員表彰式、祝賀会に出席しました。

人手不足が大きな問題となっている昨今、成田地域でもその話題が常に存在しています。特に、成田空港内だけでも4万人を超える方々が働き、今後さらに空港の機能強化、発着容量拡大に向けて人材が必要となっている今、如何に地域経済を支え企業を成長させるための人材を確保するか重大な問題に直面しています。

今日の表彰式において、改めて“人材”の重要性を認識したところで、今後の地域発展の鍵でもあると実感しました。成田空港の機能強化や大学附属病院の開院、新駅設置と新たなまちづくり、新市場の開場など都市としての大きな変化が訪れる成田市、「働いてよし」成田の実現に努力しなければなりません。

 

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

16日(土)、17日(日) シニア女子レスリングワールドカップ 成田の地で団体世界一が決まる

こんばんは、小池正昭です。

今日は事務作業や行事などへの出席という1日でしたが、日中に成田空港の鉄道施設を保有する会社の方から私自身がこれまで取り上げてきた空港内の駅の利便性向上などについて、施設整備の進捗などの説明を受けました。
乗降客の増加や来年のオリンピック・パラリンピックへ向けてもホームドアの設置や新たなエレベータの設置も順調に進められているとの事で、安心したところです。
また、混雑と二重改札などその動線が複雑となっていた空港第2ビル駅の改修についても工事が進められ、利便性の向上が図られるとの事ででした。

現在、成田空港は新たな滑走路の建設などに向けて”更なる機能強化”が具体的に動き出していますが、空港の容量と施設の拡充に加えて鉄道や道路のアクセスも共に向上させて輸送力の増大とその利便性の向上を図らなければなりません。
成田空港の旅客数が堅調に伸びてきている中で、駅の混雑が指摘されています。
また、空港で働く方々も年々増加している中では、空港を安定的に運用するためにも成田空港の鉄道アクセスについて課題意識を持った対応が求められています。

道路アクセスについては、圏央道の工事が進められ向上していくと予想されていますが、空港と都心方面や各地を結ぶバス路線については「増便したくても運転手がいない」という直面した問題もあります。

鉄道アクセスや駅の課題解決には、今後の空港施設の整備の方向性と合わせてしっかりと議論し、将来へ向けての対応をしていって欲しいと願うところです。

10_wcup さて、1件お知らせ。
明後日11月16日(土)、17日(日)の両日、成田市中台運動公園体育館で「2019年シニア女子レスリングワールドカップ大会」が開催されます。
世界の上位8カ国の内の6カ国、中国、モンゴル、ロシア、ウクライナ、アメリカ、そして日本が団体世界一を目指して戦う大会、オリンピックに出場する選手達の熱い戦いを身近に見ることが出来ます。
入場はどなたでも可能で無料ですので、どうぞ足を運んでいただければと思います。

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

台風被害への対応で498億6,600万円を増額補正の予定

こんばんは、小池正昭です。

Img_0373 今日は12月定例議会に向けて自民党会派の役員会、そして議員総会が開催されました。
台風災害への県の対応について批判が寄せられているところですが、今日の会議において自民党として改めて県民の生活再建と各産業への支援を全力で行っていく事を確認しました。
特に、議論ばかりに時間を費やすのではなく、スピード感を持って対応するように強く求めていくとの強い決意が幹事長からも発せられたところです。

会議の中では、12月議会に提案される補正予算の概要も示されましたが、台風及び大雨被害からの復旧・復興に向けて以下の内容が中心に編成される予定です。

  • 一部損壊の住宅への支援など被災者の生活支援
  • 農林漁業者や中小企業の事業再開に向けた支援
  • インフラや学校施設等の復旧

これらに係る経費として、498億6,600万円の増額補正予算が計上される見込みですが、この財源の中には、個人や企業からの貴重な寄付金1億2,300万円が含まれるとの事です。
各方面から頂いた思いをしっかりと受け止めて議会にて審査を行い、引き続き復旧復興に当たってまいります。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

子どもたちの教育機会の確保について

こんばんは、小池正昭です。

今日は柏市のフリースクール「ゆうび小さな学園」で開催された県教育庁職員とフリースクール関係者との意見交換会に出席しました。
千葉県議会では全国に先駆けて「フリースクール等教育機会確保議員連盟」が昨年3月に設立され、関係者で組織する「千葉県フリースクール等ネットワーク」の皆さんとの意見交換や勉強会を開催し、現状の課題や問題の把握、そして今後の必要な支援や施策について議論を重ねています。

”フリースクール”に対する認識や理解は、未だ十分とは言えないところもあります。
実は私もその一人でしたが、不登校児童生徒の増加に伴い、何が問題となっているのか、各家庭や主人公である子ども達のために何をすべきなのかを真剣に考えるようになりました。
そして国でも不登校児童生徒について学校復帰を原則としない方針が示されましたが、子どもたちの個々に異なる人格や成長の過程の違いを理解し、不登校の子供たちの歩みやその家庭を支援していく必要性が求められていると認識するようになりました。

過去に不登校であった人が大人になって社会の一員として普通に働き、家庭を持ち生活しています。
時にその経験を活かして、苦しい中にある人々の助けになりたいと思い、様々な活動をしている方にもお会いします。
引きこもったままの生活を続けさせるよりも、少しずつでも人や社会との触れ合いの機会を提供し、徐々にゆっくりでも良いので成長の階段を登れるような環境づくりと、それを理解する仕組みが求められています。

まだまだ広く理解を得るまでには時間もかかるかと思いますが、日本の国づくりに最重要な教育政策の中で、増加している不登校児童生徒の問題を真正面から議論し、教育機会の確保についてその必要性を強く認識している昨今です。

これは別の問題として。
既に増加しつつある外国籍の子どもたちへの対応も直面した課題となっています。
教育制度や歴史や文化も異なる外国人にとって子どもたちへの教育観も異なるために、学校の規則が理解できない、学校へ毎日通う必要性を感じていない、日頃の連絡の必要性を理解していない、などなど様々な問題も生じています。
結果的には、学校現場の教職員がその対応に追われている現実もあります。
この外国籍の子どもたちと、日本人の不登校児童生徒への支援とを一くくりにすることの無理も感じているところで、今後の教育政策の舵取りの難しさも実感しているところです。

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

不登校児童生徒情報交換会に参加

こんばんは、小池正昭です。

天皇陛下のご即位に伴う祝賀パレード「祝賀御列の儀」が、素晴らしい天候のもと行われ、沿道には11万9,000人もの方々がお祝いに駆けつけたとのことです。
天皇皇后両陛下が終始にこやかに沿道に向けてお手を振られていた映像に、日本の皇室の素晴らしさを感じました。
ここに改めて国民の一人として、皇室の弥栄を心からお祈り申し上げます。

Img_0350 Img_0359 Img_0368 Img_0360 さてそんなおめでたい今日はまず、恒例の飯田町親善餅つき大会へ。
今年も杵を持ちしっかりと餅つきもさせていただき、美味しいお餅をご馳走になりました。
飯田町区は自治会組織がしっかりと機能していて、お祭りを始め各種の行事で地域住民が活発に交流しています。
この餅つき大会も毎年行われ、子供から高齢者までが集い、餅つきを楽しみながら顔の見える交流が行われていると感じました。
時代が変わり様々な変化が訪れていますが、相次ぐ災害を経て改めて各自治会活動の重要性も認識されたことと思いますので、今後も各地での活動を応援させていただきたいと思います。

Img_0370 午後からは、千葉市教育センターで開催された千葉県・千葉市不登校児童生徒情報交換会に参加。
座談会の場では、保護者の方々の貴重な生の声を聞かせていただきました。
不登校児童生徒が増加、低年齢化している現状に、学校復帰を前提としない多様な教育の場や機会を認める方向性が示されています。
県としても重要な責任を果たす必要がありますので、引き続き問題意識を持って取り組んで参る所存です。

さて今日はこの後、地元消防団の夜警活動に参加予定です。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

NARITA花火大会 延期され本日無事に打ち上げ 関係者の皆様に心から敬意と感謝を申し上げます 

こんばんは、小池正昭です。

今日は、第23回成田市スポーツ少年団軟式野球交流大会新人戦が開幕し、開会式に出席しました。
ラグビーワールドカップの盛り上がりの余韻が続く中ですが、プレミア12という世界野球で熱戦が繰り広げられています。
現在に日本は世界ランキング1位ですが、その世界一の日本の野球を支えているのが少年野球でもあります。
プレミア12で世界一を目指す”侍ジャパン”を応援しながら、成田の子供たちの野球もしっかり応援して参りたいと思います。

続いては、美郷台一丁目の餅つき大会、そして本城小学校のバザーにお邪魔しました。
どちらも天候に恵まれて素晴らしいイベントとなったと思います。

Img_0343 そして天候に恵まれたのが今年の「NARITA花火大会」。
10月12日の開催予定が台風で中止となってしまいました。
この花火大会は原則的には”延期しない”という事でしたが、実行委員会の方々のご努力と関係機関のご支援で、本日プログラムの変更もほとんどなく無事に打ち上げまで漕ぎつけました。
日程変更にもかかわらず、会場は例年通り多くの方々で賑わい、会場を訪れた方々から「今年も感動しました!」との多くの言葉が実行委員会メンバーに掛けられていた光景は、例年になく心象的に感じたところです。
2005年(平成18年)の初回から今年で14回を数え、今や全国的な知名度も獲得したこの「NARITA花火大会」、成田の秋の風物詩として今後とも多くの方々のご理解とご支援をいただきたいと思います。
実行員会の皆様、警察、消防をはじめ行政機関の皆様、ボランティアでご協力いただいた関係団体の皆様、本当にお連れ様でした。

 

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

教育の現場の”生の声”の重要性

こんばんは、小池正昭です。

県議会は9月定例議会が10月10日に閉会し、その後決算委員会が開催されています。
今月27日には12月定例議会が招集され、既にその準備が進みつつあり定例議会の間隔が一年で最も短い時期になっているため、慌しさを感じるところでもあります。

そして今日は所属する県土整備部の関連する内容の概要などについて、事前に打ち合わせを行いました。
この2カ月で大変な災害に見舞われた千葉県、週刊誌やテレビ報道でその対応などについて様々に批判されていますが、県議会としては県民生活と各産業の復旧・復興を第一に議論し、行動して参りたいと思います。

さて、先ほどまで教育関係者の方々との懇談の場に参加していました。
日頃から、学校現場で直接教育に当たる先生方の生のお話を伺うことを大事にしています。
そして今日も色々なお話をお伺いし、議会での机上の議論とは異なる現場の状況などを改めて認識させていただきました。

「働き方改革」という政策が学校現場にも押し寄せていますが、教育という国家の根本の政策を担う先生方を、公務員という一つのくくりにまとめることの無理を感じるところがあります。
また、教員という他の職業とは異なるその重要な役割を、身分と処遇も含めて改めて議論する必要もあるのではないかと感じる昨今です。

引き続き教育の重要性を認識して、”現場の声”に耳を傾けてまいります。

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

成田空港 滑走路増設へ手続き進む 

こんばんは、小池正昭です。

今日、成田国際空港株式会社(NAA)は、成田空港の更なる機能強化に関して第3滑走路(C)の新設などの前提となる「航空法に基づく空港等変更許可手続き」について国交大臣あてに許可申請を行いました。
いよいよ機能強化に向けて具体的な手続きが開始されます。

申請の主な内容は以下の通りです。
(1)変更しようとする事項
 ①滑走路の新設
  (ア)滑走路Bの延伸 長さ:1,000m延伸(延伸後:3,500m)
  (イ)滑走路Cの新設 長さ:3,500m
 ②空港等の敷地面積
  2,297ha(現況:1,198ha、1,099haの拡大)
(2)工事着手及び完成予定期日
 ①着手予定期日:変更の許可を受けた後、速やかに着手予定
 ②完成予定期日:令和11年(2029)3月31日

上記の通り、完成までにはかなりの期間を要しますが、空港と地域の発展のためにも出来るだけ早期の完成に努力して欲しいと思います。
あわせて、交通アクセスの向上のため、道路、鉄道の利便性の向上も求めてまいります。

| | コメント (0)

«圏央道駅頭キャンペーンに参加して