2019年6月14日 (金)

増加する不登校児童生徒 県としてもその支援が必要です

こんばんは、小池正昭です。

県議会は一般質問が続いています。
残すところ来週の2日間で一般質問も終了。その後は委員会日程に入ります。

Img_1154 そして今日も休憩中や本会議後に各種の会議がありましたが、その中で私が幹事を務める「フリースクール等教育機会確保議員連盟」の総会がありました。
文科省によると不登校児童生徒は5年連続の増加で全国では144,031人に上ります。
千葉県内でも6,345人が不登校というデータがありますが、さらに”隠れ不登校”(年間欠席30日以下)と言われる児童生徒は全国に33万人にもなり、10人に1人が不登校傾向にあるという現実もあります。

我が国は国民の教育水準が高いことでこれまで成長発展してきました。
しかしながら昨今の社会情勢の変化によって、家庭や子供たちを取り巻く環境も大きく変化し、教育に関しても様々な問題が発生しています。
”不登校”には様々な原因があることは事実ですが、一律の集団的な教育環境には適応できずに苦しむ子供たちがいることを理解しなければなりません。
既に国においても不登校の子供たちへの支援の必要性を認識し政治的レベルにおいても動きのあるところですが、私としても引き続き我が国の発展のためには「教育が最重要である」との認識のもと、不登校児童生徒に対する千葉県としての支援を議論し課題に対応してまいりたいと思います。

そして先程は地元千葉10区選出の衆議院議員 林 幹雄代議士の国政報告を兼ねた語る会に出席。
現在、自民党幹事長代理という要職にあって国政に中心で活躍されています。
引き続き林 幹雄幹事長代理には、地元の様々な問題や課題の解決に当たっていただき、千葉県の発展、そして日本の発展にお力を発揮していただきたいと心から願うものです。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

千葉市でのIR議論 今後の動きを注視

こんばんは、小池正昭です。

県議会は代表質問が終わり個人の一般質問に日程に入っています。
代表質問では県政全般の問題に対する質問が多くありましたが、個人の一般質問ではそれぞれの選挙区の地元の問題や課題についても多く質問されるため、広い千葉県内の実情を把握できる機会でもあります。
引き続き18日(火)まで一般質問が続きますので、各議員の取り上げる質問と執行部の答弁に耳を傾けてまいります。

そしてお昼の休憩中と本会議終了後には多くの議員連盟等の会議が開かれています。
今日も掛け持ちでの出席となりましたが、その中で”統合型リゾート(IR)推進議員連盟”の総会があり千葉市の動きについて説明がありました。

カジノを含むIRについては反対意見が多いことも承知していますが、激動の世界の中で我が国が引き続き成長を続けるための政策の一つとしてIRの導入は検討すべきであると考えています。
その中には、日本を代表する東京ビックサイトや幕張メッセなどの展示場施設が世界の中では規模が小さく、既に国際競争力を失いつつあるという指摘もあり、いわゆるMICE施設についてもより大規模化する政策を推し進めなければなりせん。

千葉市では、民間事業者からIR導入の提案を受けて今後の対応を検討中との事ですが、今後市としての方針を示すものと見られています。
これまで千葉県内の自治体では目立った動きがなかったところですが、県としても今後の千葉市の動きに注視していく必要があり、私としても引き続き情報収集して参りたいと思います。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

県議会は返り初日で代表質問 その後は空港通り活性化協議会の懇親会

こんばんは、小池正昭です。

県議会は今日が返り初日。午前中に自民党、午後からは立憲民主党の代表質問が行なわれました。
改選後初の定例議会という事で、休憩中にも多くの議員連盟等の会議か設定されているため掛け持ちとなり慌ただしく過ごさせていただいています。
今議会は一般質問の登壇の予定はありませんが、他の会派や議員の主張にしっかりと耳を傾けて自らの政策にも活かすようにしていきたいと思います。

Img_1153 夜には成田空港通り活性化協議会の懇親会に出席しました。
成田空港からイオンショッピングセンターへとつながる通称“空港通り”(国道295号線)は、成田市内でも重要な路線です。
沿線には大型のホテルが立地し、この道路を利用する外国人の姿も多く見られます。
しかしながら、これまではその管理が十分に行き届かず、かつてきれいに整備した歩道も樹木が覆いかぶさったり雑草が繁茂するなどで歩けない状況になっていることも多く、また通行する車からゴミが捨てられるなど、空港へとつながるメイン道路でありながら様々なご指摘を頂戴している現実がありました。

最近では県としてもこの状況に対して抜本的な対策に乗り出そうとの方針を打ち出し、順次環境整備を施してくれています。
道路管理は難しい問題ではありますが、県としても今後も国際空港へと繋がる重要な路線として位置づけ、常に対策を講じてもらうように引き続き求めた参りたいと思います。
また合わせて北千葉道路の延伸が着実に進むように努力させていただきます。

 

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

知っていますか? スポーツ鬼ごっこ

こんばんは、小池正昭です。

Img_1116 梅雨らしい天候になり肌寒さも感じた今日は、まず「第8回成田ゆめ牧場カップ低学年少年野球大会」の開会式に野球協会会長として出席。ご挨拶させていただきました。
4年生以下のチーム、32チームの参加というこの大会、とても可愛らしい各チームで、選手たちの一挙手一投足には思わず笑顔になります。
特に成田ゆめ牧場のアイスクリームと無料入場券が参加賞とのことで、選手たちが素直に喜んでいたのが印象的でした。
私からは、日ごろの練習では得られない経験をして、個々の野球技術とチーム力の向上を図っていただきたいとの思いを伝えさせていただいたところです。

Img_1122 続いては、成田市中台体育館でのPLAYS杯「スポーツ鬼ごっこ」。開会式に来賓として出席しご挨拶させていただきました。
「スポーツ鬼ごっこ」という競技、ご存知でない方も多いと思います。
実は私も昨年知ったところですが、徐々にその広がりを見せていて既に全国組織の競技団体も設立され、各地域において子供から大人までの大会が開催されているとのことです。
私としてもその競技を生で見るのは初めてでしたが、私たちの持つ“鬼ごっこ”の概念とは異なり、チームとしての戦略が必要で競技性が強いスポーツであると感じました。
Img_1135そしてこの「スポーツ鬼ごっこ」、今年の「いきいき茨城ゆめ国体」のデモンストレーションスポーツに決定していています。
実際に競技を見て感じたのは、ルールは簡単、道具は最小限、そして特別な技術も要らないなどから、今後も広がる可能性が大いにあると感じたところです。

午後からは旧国鉄とJRのOBで組織する「東日本鉄道OB会成田支部」の総会と懇親会。
新たに会長は高橋貞夫氏から山田德雄氏へとバトンタッチされました。
懇親会の場では、国鉄時代のお話、そして現在のJRのお話などなど、鉄道知識のない私としても貴重なご意見やお話を伺うことができました。
特に国鉄が民営化する際に、多くの職員がその後の仕事選択に苦労したとの事で、「去るも地獄、残るも地獄」と言われていたとのお話は印象的でした。

成田は歴史的にも鉄道の存在で発達してきましたが、成田空港の更なる機能強化を進めるにあたっても鉄道アクセスの充実が求められます。
深夜早朝の対応、駅の利便性向上、単線部分の解消など、私としても県議会において鉄道アクセスの充実を常に訴えている身として、今後もOB会の皆さんのご指導も頂きながら活動してまいりたいと思います。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

自民党県連大会 参議院議員選挙千葉選挙区で何としても2議席死守を!

こんばんは、小池正昭です。

今日は午前中に地元の墓地管理委員会の役員会がありました。
昨今、全国的にお墓のあり方に関しての意識が変化し、お墓を求めない家、あるいはお墓があっても規模を小さくする、また別の形態へと変えるなどもあり、いわゆる「墓じまい」をする家も増えてきています。
一方で、お墓の管理が行き届かず管理費も長年にわたり未納となっている例もあり、管理委員会としては苦労しているところです。
生まれ育った地元においてはこれまで引き継がれてきた伝統などを守る責務を負っているとの思いで様々なことに関わらせていただいていますが、時代の変化とそれに伴う住民意識の変化も肌で感じている昨今です。

Img_1108 午後からは自民党千葉県支部連合会第62回定期大会に出席しました。
今年のゲストスピーチは、党本部より萩生田光一幹事長代行をお迎えし、安部総理側近らしい興味深いお話を披露していただきました。
役員の改選では、県連会長を6年努めた桜田義孝衆議院議員から渡辺博道衆議院議員にバトンタッチ、幹事長は河上 茂県議が留任となりました。
ちなみに私は、経理局長兼任で副幹事長の職を頂きました。しっかり努めてまいりたいと思います。

そして今日の県連大会の最大のテーマは、来たる参議院議員選挙における勝利。
我が国の更なる発展のため、また世界をリードする国家としてその役割を果たすためにも政治の安定が不可欠であり、千葉県選挙区においては現勢力の2議席を死守しなければなりません。
「衆参ダブルか?」との憶測も毎日流れる中ですが、先ずは現職の石井準一、豊田俊郎、両参議院議員の勝利のために力ぞ注いでまいりたいと思います。
皆様にもご支援を切にお願い致します!

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

市川児相を視察 ”児相の違い”

こんにちは、小池正昭です。

今日は一昨日の柏児童相談所に続いて市川児童相談所を視察、説明を受けました。
昨日開会した6月定例議会に児童虐待防止緊急対策の補正予算が計上されていますが、その内容の確認も含めての視察となりました。

先ず私が感じたのは、県内の各児童相談所の”違い”。
一つ目は施設面です。
今日視察した市川児相は築後10年という事で比較的新しく、一昨日視察した柏児相が築後45年以上経過している施設と比べると大きな違いを感じました。
それでも現在の様々な対応に追われ施設面においても不具合や不都合が生じている現実があります。
県有施設の老朽化は大きな問題であり県としても長寿命化計画に則り対応していく事としていますが、”長寿命化”で対応できる施設であるのかどうかは改めて議論すべきとの考えています。

二つ目は職員の考え方。
人にはそれぞれに違いがあります。同じ県の職員でも物事の進め方や根本的な考え方も異なります。
しかし、行政の仕事においては当然に一貫性と共通性も求められ、同じ分野の出先機関によって対応が異なったりそもそもの業務の在り方が違うという事はありません。

今日も札幌市において2歳の女児が虐待によって死亡したという悲しい事件が報道されました。
全国で後を絶たないこの現状、国会で児童虐待防止法と児童福祉法の改正手続きが進んでいますが、国民共通に問題を認識しなければならないとの思いです。

午後からは役員を務める社会福祉法人の理事会となりました。
運営する保育園について各理事と協議しましたが、保育士不足をどのように乗り切るのかが最大の課題です。
特に今年10月から予定されている幼児教育と保育の無償化が、各施設の現場には新たな問題をもたらす可能性もあり、引き続き様々な議論が必要となると認識しています。
社会が大きく変化している中ですので自らの政策に活かせるよう引き続き様々なことに関わっていきたいと思います。

さて、この後は豊田俊郎参議院議員の選挙に向けた総決起大会出席のため八千代市へ向かいます。

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

6月議会が開会しました

こんばんは、小池正昭です。

いよいよ今日から6月議会が始まりました。
会期は6月28日までとなります。
初日の今日は、開議前に千葉交響楽団の弦楽四重奏の演奏があり普段の本会議場とは異なる雰囲気でした。
音楽には癒されます。改めて文化芸術振興の重要性も認識させていただきました。

本会議後は各種の会議や打ち合わせが続き、夕方は日本大学出身土木系職員の組織、千葉県庁桜工会の総会に顧問として出席、その後は同期の議員と議会担当職員との意見交換会となりました。
会期中は夜も千葉市内に留まることが多くなり懇親会などの場も増えますが、しっかりと乗り切ってまいりたいと思います。

さて、成田市が進めている公設卸売市場の輸出拠点化ですが、昨年から入札が成立しない状況が続いてきましたが、ようやく建築、電気、機械それぞれ3本の入札が改札となり、落札業者が決定したとの報告を受けました。
当初の計画よりも約1年遅れとなりましたが、内外から注目されている事業でもあるだけに今後は予定通り工事が進捗することを期待したいと思います。
ただ、実際に農林水産物の輸出という挑戦は、様々な課題があります。
また、国内流通の大きな変化に伴って地方公設市場の維持も一筋縄ではいかないところがあります。

現時点でも想定される課題は多いと感じていますが、成田市始まって以来の大型投資、今後を見守っていきたいと思います。

 

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

明日から6月議会開会 

こんばんは、小池正昭です。

いよいよ明日から6月議会。
改選後初めての定例議会となります。
提案される議案の中には補正予算がありますが、3月に年度予算が決定した直後の6月議会において補正予算が組まれるのは珍しいことです。
これは、今年1月野田市の小4児童が父親からの虐待を受けて死亡した事件発生し、児童虐待への対応を緊急的に行う必要があると判断されたものです。
既に補正予算の概要は示されていますが、この議会でしっかりと議論しその対策をより一層求めていきたいと思います。

この児童虐待死亡事件に関して昨日は、児童虐待防止対策プロジェクトチームの役員として県内の児童相談所の現地調査を行いました。
年々対応件数が増加し職員不足、また職員の就労環境も決して良好とは言えません。
また、比較的若い職員も多く人材不足もあります。
更に、子供たちの安全を確保するため一時的に保護する一時保護施設も慢性的に定員超過の状態で、施設の老朽化もあり生活環境として良好とは言い難いものがありました。

職員との意見交換で、一時保護後の子供たちの養育環境をどのように選択するのかといういわゆる”出口”について、親もとへ戻すという理想を持ちながら、その理想にかなわないケースも存在することから、児童養護施設や里親制度を如何に位置づけ対策していくのか、改めて県としての施策展開が必要であると感じたところです。

明日からの議会、その他の重要な県政の問題についてもしっかりと議論し、県民の幸福満足度を高めるよう努力して参りたいと思います。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

公津地区運動会、ラグビーフェスティバル、下総地区空港対策委員会という1日でした

こんばんは、小池正昭です。

今日はまず、は第36回公津地区運動会が開催され来賓として参加しました。
今年も様々に趣向を凝らした演出、プログラムで楽しいイベントであったと思います。
日頃は同じ地区に住んでいいても住民同士の交流も少ない昨今、このような場は重要であり地域コミュニティ形成のためにも必要な取り組みであると感じます。
私もいくつかのプログラムに参加させていただき大いに楽しませていただきました。
主催された公津地区健全育成協議会の関谷会長はじめ、ご尽力いただいた方々に心から敬意を表します。

続いては成田ラグビーフェスティバル。
午前中のイベントに続いて、今年の注目の対戦は「明治大学vs帝京大学」という素晴らしいカードが実現しました。
会場も過去最高の賑わいで、それぞれの大学OBの方々も市内外から駆け付け盛り上がりました。
そして何と言ってもトップレベルの大学同士の対戦。ゲームの素晴らしさはもちろんでしたが身体と身体のぶつかり合いは迫力満点。
生で見るラグビーの魅力を感じさせていただきました。

午後からは下総地区空港対策委員会の総会に出席。
住民の方々からの様々な意見を拝聴させていただきました。
特に「成田空港の更なる機能強化」に伴い移転対象区域として設定されているにもかかわらず、いつになったら正式に決まるのか情報がなくそのスケジュールも示されないという声には、出せる情報を丁寧に示さなければならないとの思いを持ったところです。
その他にも今日頂いたご意見やご要望は出来る限り対応していくように努力させていただきます。

今週はいよいよ6月議会が開会します。
時間を議会への対応に当てることとなりますが、イベントの多い6月、しっかりと乗り切ってまいりたいと思います。

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

2020聖火リレーの概要が公表 県内ルートは3日間で成田を含む21市町

こんばんは、小池正昭です。

本日いよいよ2020東京オリンピック聖火リレーのルートの概要が公表されました!
来年3月26日に福島県楢葉町・広野町の「ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ」をスタートし、その後47都道府県857市区町村を巡る121日間という日程です。
聖火ランナーは約1万人規模となり7月24日の開会式で新国立競技場の聖火台に点火される事となります。

千葉県内は7/2〜7/4の3日間で、1日目は東京湾アクアラインの海ほたるで出発式を行い〜県南〜いすみ〜九十九里というルートです。
2日目は銚子で出発式〜旭〜香取〜成田〜幕張メッセ。
3日目は浦安で出発式〜東葛地域〜松戸というルートです。
尚、私の地元成田市内は、成田空港近くの航空科学博物館~「三里塚さくらの丘」、そして成田市役所~成田山新勝寺が見所となるでしょうか。
詳しくは聖火リレー千葉県

そして聖火ランナーの募集ですが、スポンサー企業と千葉県において行われる予定で、県では7月1日から募集を開始する予定とのことです。
是非皆様、ご応募ください!

| | コメント (0)

«県議会PR動画 「千葉県議会ってどんなとこ!? チーバくんと一緒に行こう」