2017年4月21日 (金)

情報が入り乱れる北朝鮮情勢

連日北朝鮮情勢を巡る報道が伝えられています。
政府からは、弾道ミサイル発射に備えた避難方法を国民に周知する動きが出るなど緊迫しています。
一方で国民の意識はどうでしょうか。着実に不安を訴える意見も増えていますが、実際にはその不安を現実視するまでには至っていないと感じます。
先の大戦からこれまで、平和国家を構築することを第一に掲げ、国の防衛はアメリカ頼みとしてきたことによる国民性が今の状況を作っているものと思います。
中国の動き、そしてロシアの動き、まさに大国が北朝鮮をめぐってこれまでにない動きとなっている今、日本は国際社会での責任を果たし東アジア地域の安定に寄与するように全力で臨むとともに、領土、領海、領空、そして在外邦人を含めた国民の安全確保にしっかりと当って欲しいと願うここ数日です。
いずれにしても情報が錯そうしています。
現代は間違った情報でも一瞬にしてそれが拡散し、混乱をきたすこともあります。
私たちが常日頃から自ら情報を取り、そしてそれをしっかりと判断する能力も求められていると思います。

さて現在事務所にてこのブログを更新中ですが、この後は、成田市内の建設業者で組織する成田市建設業災害対策協力会の方々との懇親会に出席の予定です。
良好に公共インフラを整備・維持し、市民生活の安心と安全、そして利便性を向上させ都市力を高めるためには、建設業界の方々の貢献が重要です。
昨今の人手不足による問題、過度な競争による利益率の低下などの課題が山積している中で、建設業界が果たす重要な役割を認識して都市の発展のために貢献していただける企業が着実に発展する環境づくりに努めてまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

騒音地域高齢者クラブの方々との意見交換で

年度が明けて議会の活動に加えて、役員を務める社会福祉法人の業務などに追われている毎日です。
今日も議員として、また社会福祉法人が運営する保育園に関わることなど、時間的に余裕のない一日となりました。
何といっても悩みは保育士不足。
地域の保育要望に応えたい一心で人材を求めていますが、それが叶わない中で心苦しいところです。
7月には新たな保育園の開設を予定していますが、様々な悩みに追われる日々がしばらく続きそうです。

さて、日中には成田市野毛平地区の高齢者クラブ「グレースクラブ」の総会後の懇親会に参加させていただきました。
野毛平地区は、成田空港の騒音直下という事で開港と同時に住み慣れた地区から集団移転し、現在の地区が構成されました。
折しも成田空港の機能強化について議論が進められているため、今日の懇親会の場でもその内容についての意見が多く寄せられましたが、特に空港の発展と共に道路環境が大きく変わり交通量が増えてきた結果、この地域の道路事情が常に危険にさらされていることなど、その改善について強いご意見もいただきました。
私自身も騒音地区に居住する中で、政治的視点からは何とか成田空港の更なる発展を成し遂げたいと望んでいるところですが、一方で空港の開港からこれまでを振り返ると生活環境の改善が思うように進まなかったという現実も感じています。
その現実を肌身で感じるからこそ今回の成田空港の更なる機能強化の実現のためには、地域の声をしっかりと受け止め、地域の発展が確実に進められる実効力のある仕組みが求められていると感じています。
午後からは空港を担当する行政関係者との意見交換の場もあり、様々な視点から私なりの考え方も述べさせていただきましたが、改めて成田空港にとってこの平成29年度が大きな意味を持つこととなると認識したところです。
成田市、そして千葉県の発展のため、成田空港の機能強化を実現するべく住民の皆様の声を大事にしていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

鳥インフルエンザ 適切な対処で本日終息宣言 

今日は初夏の陽気。気温が上がりいよいよ夏に近づきつつある感を覚えました。
冬を経て春へ、そして初夏の陽気。1年で最も過ごしやすいと感じるこの時期、活動も活発にしてまいりたいと思います。

さて、今日4月18日、千葉県は旭市で発生した鳥インフルエンザについて終息宣言をしました。
今月11日には、発生した養鶏場の3km~10km圏の搬出制限を解除していましたが、その後の検査ですべて陰性を確認し、本日3km圏内の移動制限を解除し森田知事の会見によって「終息」しました。
知事選まっただ中で発生した今回の鳥インフルエンザ。
初動体制から自衛隊に対して協力要請し、県の職員も全力で防疫にあたりました。
動員人数は、25日間で延べ約5,000人。私は今回の県の対処について、全国的にも参考となるべき事例となったのではないかと感じています。
結果的に鶏6万2千羽、卵10万個が処分され、発生した養鶏場をはじめ周辺の養鶏場にも影響があるものと思いますが、国と県による制度の補償によってその影響も最小限に抑えられるものと考えています。
農林水産業を産業の柱とする千葉県、しっかりとした危機管理体制を今後も維持しその発展に努めてほしいと願うところです。
この場を借りて、今回の鳥インフルエンザ問題にあたられた県・市職員、自衛隊員、その他関係者の皆様のご労苦に心から感謝を申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

成田国際空港推進議員連盟として森田知事に文書で要請

今日は臨時議会。慌ただしい日程の1日でした。
まずは9:20から成田国際空港推進議員連盟の役員会。

Fullsizerender成田空港の機能強化について周辺市町で説明会が開催されてきましたが、特に夜間の運用時間制限緩和について厳しい意見が寄せられています。
騒音・防音対策の充実と対象地域の集落分断解消、落下物への対策、そして地域が空港と共生・共栄できる地域振興策等も強く求められ、地域住民に対して丁寧な説明を心掛け対応してきていますが、県としてもその対応に一定の方向性を示さなければならない時期に来ています。
そこで、国、空港会社と共に県として責任のある役割を果たし、地元市町と向き合いながら方向性を見出す必要があると判断し、知事に対して急きょ文書をもって要請することを決定したところです。
森田知事も本会議終了後に急きょ時間をつくっていただき、私たち議員連盟からの要請にこたえて意見交換もしていただきました。
知事選が終わり具体的な議論を活発化させる必要がある「成田空港の更なる機能強化」。
県として優先的政策として取り組み、私自身も議会側から種々の具体的議論に積極的に参加していく所存です。

9:50から議員総会。
そして10時に本会議が開会し、人事異動に伴う幹部職員の紹介がありました。
その後いったん休憩となり各常任委員会、議会運営委員会と続き、午後1時に再開。
付託された議案が可決し、知事から副知事の承認を求める議案の説明があり、採決の結果引き続き高橋 渡氏が副知事としてその任に当たることが決定しました。
高橋副知事には、森田知事を補佐し千葉県の発展に尽力して頂きたいと願います。

午後2時からは畜産振興議員連盟の勉強会。
農林水産業の発展に努める千葉県ですが、その中で畜産業についてもしっかりと努力をしていかなければなりません。
個人的な感想ですが、千葉県の農林水産業振興のためには現状の予算措置では厳しいと考えています。
予断を許さない財政状況ではありますが、必要な予算を確保し政策を実行していく強い気持ちが県行政に求められていると感じていいるところですので、議会の場で私自身お考えも積極的に発してまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

家庭倫理講演会 身近な存在にこそ感謝

今日は朝から北朝鮮のミサイル発射の報道に緊張感を覚えました。
太陽節といわれる金日成の誕生日を前に何らかの動きがあると予想されていましたが、その翌日に行動がありました。
報道によると、このミサイル発射が失敗であったということで、即軍事的衝突とはならないという見方が強いようですが、北朝鮮の意図がまったく分からない中で常に緊張感を持った行動をしていかなければならないと思います。

さて、今日は午前中に家庭倫理講演会に参加しました。
演題は「つながる」。家族のつながりについての内容でしたが、改めて親や祖先への感謝と妻への思いやりが大事であることを認識させられました。
今自分が存在できている流れ、最も身近な支え、そして子どもの存在があるという順序も大事なことであると感じました。
当たり前の存在に感謝する気持ち、節目節目だけでも持つようにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

成田太鼓祭1日目 盛り上がっていました!

連日北朝鮮情勢が気になります。
一方、北朝鮮と接する韓国は、大統領が不在の状況で5月9日に大統領選挙が実施されるも政権基盤が整うまでには一定の期間が必要と思われるため、朝鮮半島の不安定要因を作り出しているように見えます。
かねてから心配されていた朝鮮半島有事ですが、現実にその危機に直面して、日本として東アジア地域の平和と安定、そして自国の国民、領土、領海、領空を守るために必要な法的整備をしておく必要がある事を広く理解して欲しいと思います。
そして改めて憲法に整合しない自衛隊の存在について、今こそ国民的議論を経てその必要性が理解されて条文に明記されるべきであると訴えるものです。

Img_2593さて今日は、台方麻賀多神社のお田植祭。
今年は比較的暖かな日でしたが、強風に見舞われました。
思えばこのお田植祭、毎年風が強い印象ですが、会場の下方鳥居岸は風の通り道にもあたり地形的な要因もあるようです。
折しも周りの田では、田植えの準備が進められている光景が見られました。
これから本格的に田植えシーズンとなりますが、秋の豊作を心から祈念させていただき、田植えをさせていただいたところです。

午後からは地元の小学校へ。
まず5年生になった娘の授業参観で三里塚小学校へ。
そしてお隣の本城小学校ではPTA総会に出席させていただきました。
総会議事終了後、来賓として挨拶させていただきましたが、松戸市のベトナム人小学生が殺害された事件で保護者会の代表が逮捕されたことについて触れました。
「知らない人にはついて行ってはダメ」と言っている私たち。ところが誰もが信頼できるはずだった人物が事件の容疑者として逮捕されたという現実。
あってはならないことですが、改めて私たち大人が各地域において子どもたちの安全と安心を守るために注意深く行動していかなければならないことなど、児童の親としても感じた気持ちを率直に述べさせていただきました。

Img_2658Img_2631Img_2666夕方からは成田太鼓祭、初日のクライマックス千年夜舞台。
少し風の強さを感じましたが寒さも感じず天候にも恵まれ、会場となった成田山新勝寺大本堂前は多くの人々で溢れていました。
そしてその多くの人々を5つの団体の素晴らしい演奏が魅了してくれたと思います。
今年は初めて台湾からも出演がありましたが、今日の当日朝に台湾を出発して午後1時過ぎに到着、そして夕方には舞台に上がっているとの事。成田空港の地元ならではとも感じたところです。
尚明日も成田太鼓祭が開催されています。
日本一と言われるほどに発展した成田太鼓祭。是非お出かけください!

続いては会長を務める成田リトルシニアリーグの新入生歓迎会。
今年は15名の新入生を迎えいよいよ本格的に始動です。
監督以下指導者の皆さん、そして保護者の皆さんと共に子どもたちが好きな野球に打ち込める環境をつくるように努力して参りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

AED 全国に先駆けた先進県へ 計画策定

今日は久しぶりにこの時期らしい天候でした。
今年は4月に入っても気温の低い日が多くあり、桜の花を長く見ることができています。
例年よりも遅い時期ですが明日と明後日のお花見も可能ではないでしょうか。
ちなみに明日の土曜日と明後日の日曜日の天気はまずまずの予報、「成田太鼓祭」も是非盛り上がって欲しいと思います。

さて今日の午前中は、「AED普及と実施率向上に向けたPT会議」に出席しました。
昨年、議員発議で制定された「千葉県AED条例」に基づき「千葉県AED等普及促進計画」の策定作業が進められている中で、その概要について執行部から説明がありました。
その中で、日本は世界でもアメリカに次いで2番目にAEDが普及している国であり、累計で60万台以上のAEDが販売されているそうです。
一方でその使用率はいまだに低く、いざという時に心肺蘇生が適切に実施されAEDが使用できる環境を整えるための施策を展開して行く必要があります。
県としても条例制定を機に、県有施設をはじめとするより多くの場所に適切にAEDを設置し、良好な管理を行うとともにその使用方法の周知を図る事を目指すこととなります。
今回の計画策定によって全国的にも先進的な取り組みとなる事を期待しているところです。

午後からは成田空港担当課と打ち合わせ。
自民党会派内に組織されている成田国際空港推進議員連盟として、現在議論されている機能強化策について、知事に対してその取り組み強化を要請する要望書の提出を行う準備に当たりました。
来週月曜日の臨時議会の日程の中で急きょ役員会を開催し、その手続きを行う予定です。

現在は事務所に戻りパソコンに向かっていますが、この後、四街道市内にての会食が予定されているため早めの更新とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

2020オリンピック・パラリンピックを見据え成田空港について意見交換

連日の北朝鮮を取り巻く情勢の変化、その報道に非常に高い関心を持っています。
韓国への渡航を自粛する動きも徐々に出てきていると思われ、また世界から見ると日本に対しても今後の北朝鮮情勢の変化によっては、様々に影響があるとも受け止められていると思います。
世界においてこれまで何度となく緊迫した状態に陥ったケースはありますが、外交努力によって問題の解決が図られ、東アジア地域の平和と安定が図られることを第一に望むものです。

さて、今日は事務所において打ち合わせが続きました。
その中で成田空港関連についての内容がありましたが、かねてから私自身も発信してきたように成田空港の更なる機能強化の議論は、今年度が重要となりその方向性を見出さなければならないとの意識を持っています。
知事選も終わり、県としても本格的にこの議論についての方針を決定しなければならず、これまで寄せられてきた各市町住民からの意見などを踏まえ、その責任をもって機能強化を進めると同時に騒音対策、地域振興策を具体的に示す必要があると考えています。
そのような意見交換をさせていただいた今日の午前中、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて我が国の国際基幹空港として、今の現状の域を超えた柔軟な運用が可能となるように具体的議論を開始する必要性を改めて述べさせていただきました。

午後からも事務所にて打ち合わせ、その後、役員を務める社会福祉法人の打ち合わせと続きました。
来週4月17日(月)には臨時議会が開催されます。
その際に成田国際空港推進銀連盟の役員会も急きょ予定されましたので、その準備にこれから当たってまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

浅田真央さんの会見に好感 一方、北朝鮮情勢が気になります

今日は、スケート界を牽引してきた浅田真央さんの引退記者会見があり、偶然にもその一部を移動中に見ることが出来ました。
優しくとても真面目な人柄が前面に出ていて非常に好印象でした。
常に結果を期待され続けた想像を超えるプレッシャー、その中で人間として成長されてきたのだろうと思いました。
世界を舞台に厳しい環境の中で戦い続けた強い気持ち、真似する事など到底できるはずもありませんが、常に勇気を持って行動し努力を続けなければならない、その事を自ら身をもって多くの人々に教えてくれとように思います。
浅田真央さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

さて、北朝鮮を取り巻く環境に緊張感が増しています。
アメリカによる軍事的圧力が強まる中、具体的な軍事オプションの展開があるのか、世界が注目しています。
日本としても北朝鮮の核開発には断固とした姿勢と行動を継続する必要がある中で、アメリカとは密接な連携が重要な局面であると理解しています。
そんな中で、外務省からも隣国の韓国への渡航について注意喚起が発表されたことも気になるところではあります。
但し、いざ軍事力による具体的行動が発生した場合、長年平和な国家として歴史を刻んできた我が国にどのような影響があるのか、私たちの生活にも支障があるのかなど想像もつきません。
それにはこれまで紛争や戦争が世界の遠い地域での出来事としか感じてこなかった国民の意識が根底にあると思います。
平和を希求する我が国として、国民として、国際社会における責任と同盟国との連携などなどについて、改めて考えさせられる状況にもあると感じているところです。
平和を求めながら我が国に迫る脅威に対してどのように対処すべきであるのか、まさに政治的な手腕が求められているのだろうと感じるここ数日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

日本語学校開校式 国際的な事業展開を応援します!

今日は季節が冬に戻ったかのように寒さを感じ、また1日中雨が降りました。
思えば今年に入ってからは雨がほとんど降らず夏の水不足を懸念する声もありましたが、ここ数日の天気模様はこれまでの少雨を穴埋めするかのようでもあります。
一転明日はこの時期らしい天気となるとの予報、寒暖差の大きな時期でもありますので体調管理には皆様もお気を付けください。

Img_2576Img_2574さて今日の午前中は、「AIT日本語学校」の開校式、そして第1回の入学式に出席させていただきました。
成田市内で旅行業を営んでいる伊藤茂博氏が代表を務め、これまで温めてきた事業の構想を実現されたものです。
日本の生産人口の減少への対応、そして日本の文化や技術を世界に広げるためにも海外人材の活用は戦略的にも推し進める必要があると考えています。
特に日本の空の玄関口である成田国際空港の地元としては、その最先端を行く様々な取り組みが実施されて欲しいとも願っていたところで、新たな日本語学校の開校は私としても歓迎すべきものでした。
常に世界が変化を続ける中で、その対応については国のみならず地域において積極的に展開する必要があります。
今後も世界との結節点として、私の地元成田においては他の都市にはない国際的な事業展開が行えるように政策を推進していきたいと考えています。

午後からは事務作業。
年度が替わり公的な書類の提出にも追われています。
その合間、気分転換にこのブログを更新中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「成田空港50年史」を見て