« 31校目の小学校が開校 | トップページ | 告示まであとわずか »

2007年4月11日 (水)

公平とは

毎日選挙を控え様々な方々からご意見をいただく機会を頂戴しています。その内容には、それぞれの地域性を反映し、かなりの格差を見ることが出来ます。

確かに最近では、地域によって格差が拡がり、自治体による差も顕著に現れてきているように感じます。

これは、小泉内閣で行ってきた様々な改革も関係していると見ることが出来ますが、実は成田市内の格差もここ数年で大きく拡がったように思います。

現在の日本の国のシステムは、一定の格差が生じることに対して容認するものでありますが、政治活動の中でこの格差を目の当たりにすると、住民の生活環境の大きな違いに改めて疑問を持つことがあります。

政治によって差が生じることは、よく言えば独自性、悪く言えば格差と捉えることが出来ると思いますが、政治的決断によって公平性がどのように保たれるのかということを常に意識する必要があるのではないかと考える最近です。

|

« 31校目の小学校が開校 | トップページ | 告示まであとわずか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公平とは:

« 31校目の小学校が開校 | トップページ | 告示まであとわずか »