« 繰り上げ当選に対する異議申し立てとは | トップページ | 6月議会開会間近 »

2007年6月 2日 (土)

議会改革検討 具体案その1

少しずつ、出来ることからと今期なすべき改革として、議会改革を目指しています。地方分権が進み、地方議会のあり方が真剣に議論され改革の必要性が求められているためです。

議会改革は、選挙の際も政策の一つとして掲げさせていただいた内容です。12年前の初当選から議員定数削減を訴え行動してきたのもその一つです。現在は、下総、大栄との合併直後であり、市域の拡大、更に人口も増え、新市建設計画の実行を確実に行う必要があることから、定数の議論については少し先送りにさせていただいています。

さて、議会の運営について定めた成田市議会会議規則がありますが、この中の内容に「会議時間は,午後1時から午後5時までとする」となっているため、午前中に本会議を開くことが出来ません。このため議会の日程が多く必要となっています。

この会議時間の決定は、成田市誕生の時のものでそれ以来変更されていません。当時は、交通網も未発達であった事などもあり、多くの自治体で午後から本会議が開かれることが通例であったようですが、現在は午前中から会議を開けるように定めてある自治体が多く存在します。

成田市議会は、古い伝統をこれまで重んじてきましたが、いよいよ真剣に改革を進めなければならない時期に来ています。出来ることから確実に!

|

« 繰り上げ当選に対する異議申し立てとは | トップページ | 6月議会開会間近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議会改革検討 具体案その1:

« 繰り上げ当選に対する異議申し立てとは | トップページ | 6月議会開会間近 »