« 議会改革 その2インターネットの活用 | トップページ | 市営墓地 拡張へ »

2007年6月17日 (日)

特別委員会の所属は空港対策

8日から始まった6月議会も20日間の会期のうち、丁度半分を過ぎて、今週はすべて委員会が開催される日程です。各常任委員会の所属は、議会便りが発行されましたのでご存知の方も多いことと思いますが、14日に3つの特別委員会(成田市議会ホームページ)をつくり議員の所属も決定しました。

私の所属は、今期も空港対策特別委員会(通称 空対)です。この空対では、騒音問題をはじめとする空港周辺の問題や振興策、また、最近特に羽田空港の再国際化に向けて大きな動きがある事などに対して、成田空港を首都圏の国際基幹空港としてその地位を維持することに対しても、地元自治体の責務など議論していかなければなりません。

これまで羽田空港の国際線については、概ね2000km以内の範囲とされていましたが、需要のある長距離便(欧米線など)も視野に入れる考え方が浮上しています。また、羽田空港の国際化に対しては、首都圏のみならず全国的に見てもその方向性を支持する声が強い現実もあります。

このような状況の中で、成田空港を擁する成田市としては、空港の発展がこの地域にとって欠かせないと言う現実を直視し、あらゆる問題に対応していくことが必要な時期です。

|

« 議会改革 その2インターネットの活用 | トップページ | 市営墓地 拡張へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特別委員会の所属は空港対策:

« 議会改革 その2インターネットの活用 | トップページ | 市営墓地 拡張へ »