« 千葉県消防操法大会と参院選最終日 | トップページ | 安倍首相続投への批判 »

2007年7月29日 (日)

参院選与党惨敗

参院選の開票作業はまだ続いていますが、既に各報道によると自民37、民主60が予想されています。与党、特に自民党に大きな逆風が吹く中で予想されていた数字の範囲でもあります。しかし、もしこの予想が現実のものとなると、今後の国政の運営や行方が心配になります。既に続投を表明している安倍首相ではありますが、国民の意思というものを考えなくてはならないのでは!?

投票率も前回に比べて少し上がりました。政治に無関心が年々増えて、選挙の投票率も低下傾向にありましたので、この点については少し安心したところです。成田市内の投票率を見ても、他の選挙に比べて参院選への関心が高かったことを裏付ける結果も見ることが出来ます。特に全国で、期日前投票が1000万人を越えたと言うことです。夏休みに入っての日曜日でしたから、実際の投票率にどのような影響があるのかも心配していたところですが、期日前投票制度が有効に受け入れられてきた現れでもあるのではないでしょうか。

今回の参院選の結果が、直接成田市政に大きく影響を及ぼすことはありませんが、あと数時間で最終的な結果も出るものと思いますので、もう少しテレビの前で過ごすこととします。

|

« 千葉県消防操法大会と参院選最終日 | トップページ | 安倍首相続投への批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/15945938

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選与党惨敗:

« 千葉県消防操法大会と参院選最終日 | トップページ | 安倍首相続投への批判 »