« 「守ろう地球のたからもの 世界遺産」 | トップページ | 家族と過ごす »

2007年7月 7日 (土)

自民更に逆風か 赤城農水相の事務所費

週があけるといよいよ参院選が公示され、選挙戦に突入します。市民の方々とお話しすと、年金問題や事務所費、久間防衛相の辞任など、自民党に関係する報道が続いているため今回の選挙については、一定の関心があるようです。

しかし、多くの方のお話をよく解釈してみると、各党の政策よりも与野党の議席がどう変化するのか、あるいは安倍首相が続投できるのかなど単に選挙結果についての興味を多く持たれているように感じます。

そして、今日になって新たに、赤城農水相の事務所費問題が大きく報道されています。赤城農水相といえば、事務所費をはじめとして多くの疑惑を残したまま自殺した松岡農水相の後任です。本人ならびに首相のコメントでは、問題ないとの事ですが、大きく報道されていることから今後の展開が気にかかるところです。また、仮に事務所費の処理に問題が無いとしても、国民の目線からは理解しがたい「政治とカネ」の負のイメージが強くなり、選挙での投票率や投票行動にどのような影響があるか心配しています。

私は、現在個人として自民党籍を持ち、地元の支部でも役員を務めています。当然に自民党候補を応援する立場にありますが、既に強い逆風を感じていました。そこに来てまた新たな赤城農水相の報道があり、今後の選挙戦を戦っていく上で頭の痛いところです。

政治に対して興味と関心を持って、どんな選挙でも必ず投票すると言う人もいれば、今まで一度も選挙に行ったことが無いという極端な人もいます。現在の報道を見ると、投票率の低下も避けられないところですが、是非一人でも多くの皆さんに重要な国政選挙である今回の参院選に投票してもらい、まじめに働いている多くの自民党公認候補へのご支援をお願いするものです。

|

« 「守ろう地球のたからもの 世界遺産」 | トップページ | 家族と過ごす »