« 参院選与党惨敗 | トップページ | 子育てと家事 そして政治活動を両立 »

2007年7月30日 (月)

安倍首相続投への批判

参院選挙から一夜明けて、どこのテレビ局も夜まで様々な特集を組み、選挙結果と今後の国政の動向について取り上げていました。その中で特に目立ったのが安倍総理の続投に対する賛否です。

小泉政権を継承し、わずか10ヶ月でこの苦境に直面していますが、前回の総選挙で自民党が大勝した事がうその様です。ただ、安倍首相の政権の舵取りそのものには批判の声もそれほど大きいものでなく、小泉政権時代に表に出てこなかった影の部分が年金問題や格差社会、閣僚の不祥事などとともに一気に噴出し、政権に固執する自民党への不満に変わったように見えます。

自民党内部からは、「今回の参院選は政権の信任投票ではない」などと言う意見が多く聞かれますが、国民はそのような説明に果たして納得できるのか疑問にも思えます。事実、選挙戦では、「安倍を選ぶのか小沢を選ぶのか」街頭でよく聞かれたフレーズです。

私は、自民党の地方組織でしか活動していませんので、党本部の内部について知る由もありませんが、確実に自民党離れが広がっていると感じています。この状況の中で安倍体制の継続は、今後の自民党にとって良い方向となるのか不安を感じています。

ただ、ポスト安倍といわれている方々も、この場においては及び腰なのかも知れません。

自民党員でありながら、今日は少し辛口でした。

|

« 参院選与党惨敗 | トップページ | 子育てと家事 そして政治活動を両立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/15952441

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相続投への批判:

« 参院選与党惨敗 | トップページ | 子育てと家事 そして政治活動を両立 »