« お祭り準備着々と | トップページ | 午後からの半日 すべてを育児に »

2007年7月26日 (木)

空港関連の勉強会に参加

「アジアゲートウェイ構想と成田空港の役割:最近の成田・羽田をめぐる議論」と題する、成田空港対策協議会の勉強会が開催され参加しました。講師は、明治大学の戸崎 肇氏で、最近の羽田空港の国際化推進の議論に対して、これまで日本の国際拠点空港として位置づけられてきた成田空港の今後や、両空港の共存についてなど様々な角度からの意見を述べておられました。

戸崎先生は、航空会社勤務の経験もあり、航空政策に精通しているのは勿論、交通政策全般の専門家として知られています。

今日の講演の中で私が特に興味を持った内容は、

  • 羽田は近距離便、成田は長距離便という区別が理想などと言われているが、航空会社のアライアンス化が進んでいる現在、航空会社の経営効率を考えた場合問題がある
  • アジアの大規模空港整備に目を奪われがちだが、日本は、同じ競争の土俵に乗る必要は無く、独自性を求めるべきである
  • 成田と羽田の今後については、一体的運用を行うか、あるいは競争相手として互いに競うかという両論が存在する
  • 羽田ー成田間のアクセスを本格的に議論すべきで、リニアモーターカーの実用化も考えられる

最後に成田空港の歴史的背景が風化してきている現状を理解し、忘れ去られることの無い努力をする必要があるという指摘がありました。また、成田空港にとって厳しい意見がある今だからこそ、成田が地域をあげて議論し努力できる「千載一遇の機会」であるとの意見に少し応援をもらったような気がしました。

羽田ー成田間のアクセス問題で、地下深く整備する大深度リニアモーターカーの構想が現実になって欲しいと個人的には強く思っています。技術の日本を世界に示すためにも!

|

« お祭り準備着々と | トップページ | 午後からの半日 すべてを育児に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/15909566

この記事へのトラックバック一覧です: 空港関連の勉強会に参加:

« お祭り準備着々と | トップページ | 午後からの半日 すべてを育児に »