« 自民党総裁選に投票 | トップページ | 第91代内閣総理大臣誕生 »

2007年9月24日 (月)

安倍総理辞任が与えた様々な影響

突然の辞任、入院で国民の前から姿を消してしまっていた安倍総理大臣の記者会見を見ました。

突然の総理辞任について、健康上の理由が最大の原因であると述べた姿は、体調が未だに優れないことを容易に感じ取ることが出来ました。総理大臣という特別な職の責任の重さと過酷さを感じさせます。

しかし、今の現状は、国民にとって同情する気持ちよりも、無責任と感じる意見の方が圧倒的に強いのではないでしょうか。何しろ、今の国会の空転状況、そして国際的連携が重要なこの時代に、国連総会には首相はもちろん関係閣僚も出席させられない状況をつくってしまったのです。

国際舞台での国の信頼や存在感は、一旦失うと回復に困難な時間を過ごすことになります。そうでなくても国際舞台では国家の力や存在感を示すのが不得意なこの国にとって、今回の国連軽視とも受け止められかねない事態を重く考えなければなりません。

毎日大きく変化し、一歩も歩みを止めることが出来ないはずの政治、その中枢をなす内閣が明日組閣されます。どのような人事が行われるのか注目です。

|

« 自民党総裁選に投票 | トップページ | 第91代内閣総理大臣誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理辞任が与えた様々な影響:

« 自民党総裁選に投票 | トップページ | 第91代内閣総理大臣誕生 »