« 改革に対する目 | トップページ | 年間発着回数30万回の実現に向けて »

2007年12月27日 (木)

結果

今日目にした冊子に、一般的に仕事の評価は、「日々どれだけ努力したか、喜んで進んで働いたか、そして結果をどのように出したか」で決まると書いてありました。

これを読んで、私たち議員の「仕事の結果」とはどのように出るのだろうかと、ふと考えました。

単純に言えば、選挙の結果と言えるのかもしれませんが、選挙の結果や得票数が議員の評価と一致するのかどうか、特に身近な私たちの選挙では疑問もあるところです。

企業の場合は、決算期や年度末、あるいは年末などの節目で過去の実績、「結果」で人材の評価が行われます。

しかし、年末を迎えて議員の評価を数字的にも客観的にも表す指標はありません。

選挙が終わって8か月、自分なりにも活動を続けてきたつもりですが、今年を振り返り「日々どれだけ努力をしたか」という自分自身に対する評価が最もわかりやすい「結果」である、と明日の御用納めを前に考えた今日の夜です。

|

« 改革に対する目 | トップページ | 年間発着回数30万回の実現に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結果:

« 改革に対する目 | トップページ | 年間発着回数30万回の実現に向けて »