« 一般質問 初日終了 | トップページ | 請願9件 »

2007年12月 4日 (火)

代替プールの建設に関して

昨日に引き続き午前10時から一般質問が行われ、6人が登壇しました。明日もう1日一般質問の日程が終わると、委員会の日程に入ります。

各議員も徐々に委員会審議への準備のため、提案されている議案の内容について調査を始めてきたこともあり、会派としても様々な議論が出てきました。

その中で、大谷津運動公園内に50mプールを建設するという補正予算案について大きな話題となりました。

これは、新高速鉄道の建設に伴い、それまであったプールを同じように造るというもので、鉄道建設にかかったために得た保証金約1億4,000万円と、自主財源約1億3,000万円を加えて来年の夏の利用に備えるというものです。

しかし、多くの議員と議論した結果、これまでの機能をただ単に同じ敷地内に建設するという発想でよかったのかどうか疑問点が浮上してきました。

市としては、これまであった施設であるので、利用者のためにもなるべ早く代替えの施設を造らなければならないという考え方に基づいて計画を進めてきたようです。

しかし、自主財源を投入して夏の約1ヶ月半の限られた期間の利用しかできない大型のプール建設ですので、建設場所、利用期間の延長が図れる設備の付与(屋根等の囲いを設ける事で約5ヶ月間の利用が可能)、子どもや一般者が多く利用できる内容などなど、より検討すべきであったのではないかと会派内で真剣な議論がありました。

この計画は6月議会に補正予算として上程され可決した経緯もありますので、すでに議会としても計画そのものの進行を容認した事実があります。

その意味においては、いまさら建設の計画を白紙に戻すことはできませんが、今後利用率や利用者の利便性の向上に努めるように、運動公園全体の位置づけと内容を検討する必要性がありそうなので、税金の無駄遣いにならないように議会として提言をしなければならないと考えています。

|

« 一般質問 初日終了 | トップページ | 請願9件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代替プールの建設に関して:

« 一般質問 初日終了 | トップページ | 請願9件 »