« 議員団初詣 | トップページ | 後援会行事を開催しました »

2008年1月25日 (金)

時代の流れ

今日は午前10時30分より成田市土地開発公社の理事会に出席し、都市計画道路大蕪新宮線の用地に関する議論に参加しました。

この大蕪新宮線とは、中台4丁目から玉造を結ぶ都市計画道路で、今年度より一部工事が始まっている道路です。

また、成田市土地開発公社とは、国の法律に基づき成田市が全額出資して設立した法人で、主に公共事業に供する土地を市に代わって先行取得することを目的として設立されています。

特に過去の時代には、土地の価格は右肩上がりに上昇するため、歳月を掛けて実施する公共事業の場合、用地の取得に大きな財政的負担が生じることがありました。そこで、あらかじめ将来を見通して、公共事業用地を市に代わって土地の値上がり前に取得して、少しでも財政的負担を軽減しようと考えられていました。

しかし、バブル経済崩壊後、土地の価格は下がり続け返って過去に土地開発公社が取得した土地が現在の価格よりも高いという逆転現象が起こる事実も見られるようになってしまいました。

ということで、最近では土地開発公社の存在そのものが過去と比べて大きく異なっている事実があります。

成田市では、土地開発公社を利用して今後も公共事業用地を取得していく方針のようですが、時代の流れ、特に一歩先の経済状況と地権者の状況等を吟味した上で用地取得のタイミングを決断してもらいたいと考えた今日の会議です。

|

« 議員団初詣 | トップページ | 後援会行事を開催しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代の流れ:

« 議員団初詣 | トップページ | 後援会行事を開催しました »