« 新年会を掛け持ち | トップページ | 議会の存在と市民への公平性 »

2008年1月14日 (月)

今年の成田市成人式

20080114104814まずは、新成人の皆さんおめでとうございます。

下総町と大栄町が合併して2度目の成人式が文化会館で開催されました。合併前と比べると、やはり会場の席は空席が目立たなくなっています。

それも例年であれば、式典会場のホールに入らない新成人も多いのですが、今年はほとんど外に残っている姿も見えず、その分ホールに着席していたようです。

今年成田市で新成人となったのは、 男777人、女735人の合計1512人でした。実はこの数字は、文化会館の大ホールの席数をはるかに多く上回っています。ですので、今日のように本来であれば、空席はほとんどないのが事実なのです。

平成21年度には、大規模改修工事のため文化会館の休館も予定されており、このような規模の行事への対応について今から課題があります。

さて、成人式というと新成人の行動や振る舞いが話題なります。

今年の成田市での雰囲気は、始まる前にはかなり騒がしく、正直私としては式典が無事に終われるのか心配しましたが、いざ式典が始まるとその騒がしさも例年並みに落ち着いたように思います。

式典も数年前から大幅に短縮し、現在はわずか25分程度。来賓挨拶も市長と議長のみ、来賓紹介も一切ありません。

これについては色々と議論のある所ですが、あくまで新成人の中から選ばれた実行委員が中心に企画していますので、私たちがとやかく言う事もないのかもしれません。

新成人が主役の式典ですので、新成人にとって成人になったという記念になる行事としてこれからも企画運営をしてもらいたいと思います。

成人式の式典終了後には、先日お知らせした教育民生常任委員会の協議会が約1時間程度文化会館内で開催されました。尚、この内容については協議を続けていますので、後日改めてお知らせします。

|

« 新年会を掛け持ち | トップページ | 議会の存在と市民への公平性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の成田市成人式:

« 新年会を掛け持ち | トップページ | 議会の存在と市民への公平性 »