« 日大桜門会 | トップページ | 都市の交通の将来を考える »

2008年2月 8日 (金)

意見交換の日

相撲界に大きな動きがありました。

時津風部屋の力士が死亡した事件で、長く警察による捜査が進められていたようですが、ようやく事件の真相究明に向けての動きが出てきたことになります。

これまでテレビ等で報道されている内容を見ると、亡くなった斉藤さんがどれほど辛かっただろうか、また両親や親族の思いを考えると胸が痛みます。

警察の初動捜査の遅れも指摘されていましたが、大きな関心が寄せられている事件ですので、事件の真相が明らかになることと司法による正当な裁定が下されることを期待すると共に、亡くなった斉藤 俊さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

さて、今日は日中の時間を利用して情報化戦略について民間関係者3人と意見交換しました。

この具体的な内容は、まだお知らせできませんが、ネット利用者が確実に増え、また携帯端末が高度かつ大容量の情報を処理可能になってきていることから、今後の住民への情報提供のあり方について議論しました。

また、最近の世界における日本の力の低下、特にアジアにおいても中国の発展が著しく、このままで行けば確実に日本を上回る経済力を付ける事等を考え、地方としても世界やアジアの動きを見通して、何をすべきであるのかアイデアを出し合い議論をしました。

市民の皆さんも、中国や韓国から多くの観光客が訪れ、成田市内に目立ってきていることをお気づきだと思います。

観光地としても空港都市としても、もっと世界の動きに敏感になる必要がある事で意見が一致したところです。

夜には、教育関係者との意見交換を行い、現状の成田市の状況や教育のあり方など、長時間にわたって議論を交わすことが出来ました。

振り返ってみると、多くのスケジュールに追われない分、中身の濃い一日でした。

|

« 日大桜門会 | トップページ | 都市の交通の将来を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意見交換の日:

« 日大桜門会 | トップページ | 都市の交通の将来を考える »