« 藍綬褒章受賞祝賀会に参加 | トップページ | 質問原稿大詰め »

2008年2月24日 (日)

家庭サービスと両立

今日は午前中に宝田の愛宕様へのお参りと、午後に掛けて11回目の開催となった本城地区フェスティバルへ3歳の長男を連れて行きました。

子どもにとっては、どこに遊びに行くわけでもありませんが、私の地元での活動の際に、ただ私について来るだけでも日頃と違う雰囲気を味わえるため楽しさがあるようです。

さて、宝田の愛宕様は、議員に当選する前から毎年お参りしています。

10年位前までは、当時現職の市議会議員であった故 幡谷紫浪(はたや しろう)氏が神主をつとめられて祝詞をあげておられました。私に対しては、その祝詞の中で特別に個人的な内容に触れてくれていたことを今でもよく覚えています。その意味でも、毎年この愛宕様へは忘れずにお参りすることにしています。

本城フェスティバルも11回目を向かえ、地元ではすっかりと行事として定着しているようで、多くの親子連れが目立ち、外の強風とは一転、本城小の体育館内は昔ながらの遊びや餅つきなどで賑わいを見せていました。

日頃から出来る限り子どもとの時間も大事にと心掛けていますが、最近では様々な行事への参加の際には、可能であれば子ども連れで参加させていただき、家庭サービスの一端に利用させていただいています。

話は変わりますが、27日の代表質問の原稿が長すぎると会派の岩澤会長よりご指摘をいただきました。

現在、A4で9ページ、あと2ページ削るようにとの指示、明日と明後日しか時間がありませんので頭の痛いところです。

|

« 藍綬褒章受賞祝賀会に参加 | トップページ | 質問原稿大詰め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭サービスと両立:

« 藍綬褒章受賞祝賀会に参加 | トップページ | 質問原稿大詰め »