« 議会が始まりました | トップページ | 家庭サービスと両立 »

2008年2月23日 (土)

藍綬褒章受賞祝賀会に参加

今日は日中に成田市の消防団長大澤満彦氏の叙勲祝賀会に出席しました。

大澤団長は、昨年の秋の叙勲で40年に亘る消防団活動が認められ、藍綬褒章を受章されたのです。

私も現在、消防団員を続けていますが、平団員から団長まで40年もの期間、仕事と家庭を両立させながら活動されてきた事に頭が下がります。

大澤団長といえば、我々団員にとって指導が厳しい事である面有名な方ですが、個人的なお付き合いをさせて頂くと、非常に人の良い穏やかな一面をも持っている方です。団員にとっては、普段消防の訓練や行事の際にしか接することも無いため、”うるさい”、”厳しい”、”やかましい”、というような人物評価ばかりが聞こえてきます。

しかし、今日の祝賀会では、本来の大澤団長の人間性を良く知っている方々が多く集まったため、本当に和やかな祝賀会となりました。

いつもであれば、弁舌すばらしい団長ですが、今日の祝賀会では大変緊張していたそうで、話したいことも半分もいえなかったと反省していました。しかし、自らの挨拶の中では、いつもの持論である「消防活動は、常に危険と常に隣り合わせているという緊張感が必要である」との基本的な考え方がよく理解できました。

現在1500名の団員を抱える成田市消防団のトップとして、今後もその指導力に期待したいと思います。

|

« 議会が始まりました | トップページ | 家庭サービスと両立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藍綬褒章受賞祝賀会に参加:

« 議会が始まりました | トップページ | 家庭サービスと両立 »