« 意見交換の日 | トップページ | 消防出初式 »

2008年2月 9日 (土)

都市の交通の将来を考える

「夢の会」のメンバーから、芝山町にある日本オーチスエレベータ㈱の新交通システムの実験線を視察しようとずっと前から誘われていますが、なかなかスケジュールが合わず、実現していません。

今のところ、年度末までは議会関係でお互いにスケジュール調整が難しそうなので、4月中旬以降を予定して日程調整をしようと考えています。

既に、周辺自治体の首長クラスでも興味を示している情報もあり、将来の空港周辺都市の新たな機関交通として利用できないか私自身もその可能性を模索しているところです。

既に富里市では、「夢の会」のメンバーが議会で提案を行うなど具体的な議論を行っているようです。

しかし、やはり気になるのがコスト。

新たな交通網として魅力のあるシステムであることは間違いありませんが、自治体にとって財政負担が一番の問題となる事も間違いのない事です。

しかし、一般の鉄道や地下鉄、モノレールなどと比べると既存の道路の利用が可能で、影響幅も小さいことなどから新たな用地買収も最小限で抑えられるなどのメリットもあります。

また、せっかく芝山町という地元にある実験線ですので、近いうちに視察し、将来の都市交通の担い手として利用できないか模索をしていきたいと考えています。

|

« 意見交換の日 | トップページ | 消防出初式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都市の交通の将来を考える:

« 意見交換の日 | トップページ | 消防出初式 »