« 「食の学校」セミナーと知事との懇談会 | トップページ | 節分の一日 »

2008年2月 2日 (土)

芝山町議選 応援演説

今月12日に、お隣、芝山町の町議会議員選挙が告示されます。

昨年末ごろまでは、無投票とも噂されていましたが、立候補の届出書類の事前審査に18陣営が参加したとの事で、前回よりも2減の定数14の議席を争う選挙となりそうです。

今日は、現職で2期目を目指し立候補を予定している候補者の事務所開きに来賓として出席し、応援の弁を述べました。

事務所には夜間にもかかわらず、約60名が集まり、来る戦いに臨戦態勢が整ったという感じでした。「夜間だったので、出席者を限定してある」との候補者の言葉に、私の選対と単純に比較して凄さを感じると共に羨ましく思いました。特に、壁に貼り出された選対組織表の役員が次々と発表された時には、役割分担の明確さと布陣の厚さに、果たしてこれが人口約8000人の町の議員の選挙のレベルなのかと驚きを隠せませんでした。

選挙の演説からしばらく時間が空いていましたので、正直なところ支援者の方々にどのような思いを与えたのか不安もありますが、成田空港の現状と今後について特に芝山町と成田市の連携が最も重要であることを中心に訴えさせてもらいました。

この事務所開きには、相川町長も来賓として出席していましたので、式典終了後、完全民営化の準備が着々と進んでいるNAAや年間発着回数30万回報道などについて意見を交わす有意義な時間を過ごすことが出来ました。

12日の出陣式を間近に控え、日頃から交流のある他の陣営にもお邪魔して応援演説をすることになりそうです。

|

« 「食の学校」セミナーと知事との懇談会 | トップページ | 節分の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芝山町議選 応援演説:

« 「食の学校」セミナーと知事との懇談会 | トップページ | 節分の一日 »