« 空港容量について説明を受けました | トップページ | さくらの山 直売所がオープン »

2008年3月28日 (金)

福田総理に期待するもの

今日はこれから私が理事長を務める社会福祉法人の行事が銚子で開催され、宿泊する事になるため早めに更新しています。

さて、年度末を迎えて未だに国会審議の見通しがつきませんが、ここに来てようやく福田首相の方針が出てきたようです。

主な内容は、道路特定財源は2009年度から全額一般財源化する事とガソリンにかかる揮発油税などの暫定税率の維持です。

道路特定財源については、既に天下り法人などで不適切な使途が明らかになり、国民の多くが使途に縛りの無い一般財源化を望んでいるようです。これは私も賛成です。

また揮発油税の暫定税率については、民主党が即時撤廃を求めていますが、現在の国の財政状況からすると、撤廃をすることは難しく地方自治体の立場としてもむしろ維持していかなければならないと考えています。

これまで福田総理への不満を募らせていた私ですが、今回の決断は個人的に歓迎です。

国民が今求め期待しているものは、国家のリーダーとして強い意志で決断し、国家を導いていく姿であると思います。

|

« 空港容量について説明を受けました | トップページ | さくらの山 直売所がオープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福田総理に期待するもの:

« 空港容量について説明を受けました | トップページ | さくらの山 直売所がオープン »