« 下総地区でまたも放火の可能性 | トップページ | 成田国際空港都市づくり推進会議 »

2008年3月24日 (月)

日本の行方

新聞各紙では、内閣支持率の急低下を伝える記事をここのところよく見かけます。新聞各紙の世論調査は、若干の差はあるものの、ほぼ福田総理の指導力不足、内閣を支持しないという意見が多数を占めていることに変わりはないようです。

私も、現在の状況であればそのような結果が出る事を容易に理解します。

これまで内閣支持率の低下と反比例して民主党の支持率は上昇していましたが、今回は民主党の支持率も低調で、逆に自民党支持率が上昇するというこれまでにない傾向が見られます。

これは、民主党の対応にも大きな問題がある事を国民も見通しているためで、現在の状況が続く限り政治不信が増幅して来るのではないかと危惧しています。

現在の国政の混乱によって、今後地方へのしわ寄せが顕著になる事も必至で、私たち地方議会の議員への風当たりも強くなるかもしれません。

ほとんどの地方自治体では、すでに平成20年度の予算を執行する準備が整っていますが、国政が迷走を続け国家予算も決定できない状況に困惑しているのが実情です。

この姿を海外から見れば、やはり政治は三流の国家としての評価が下されるに違いなく、結果的に経済的損失も生じてくる事になります。

年度末を迎えて、成田市も新年度予算が議会で可決され、市役所内の人事も決定し、成田市としては新年度のスタートを気持ちよく切りたいところですが、国の方向が定まらない中で新年度を迎える事になりそうで、今後の国政の動向によっては様々な対応に追われることになりそうです。

|

« 下総地区でまたも放火の可能性 | トップページ | 成田国際空港都市づくり推進会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の行方:

« 下総地区でまたも放火の可能性 | トップページ | 成田国際空港都市づくり推進会議 »