« 山口2区補選が示す国民の感覚 | トップページ | 値上げ 懸念される行政のコスト負担 »

2008年4月28日 (月)

成田山開基1070年を祝して提灯行列

  今日は、秋に予定されている第3回目となる「NARITA花火大会」の打ち合わせを同僚議員と共に行いました。毎年素人軍団によるイベントであるため試行錯誤が続いていますが、小泉市長への表敬訪問で「継続は力なり 頑張ってください」との言葉をいただき、実行委員会メンバーも励みになったように思います。

午後3時30分には、JR成田駅前に赴き、観光協会の一員として「成田山開基1070年祭祝賀市民提灯大行列」のお手伝いを行いました。

広報活動も活発には行っていないにもかかわらず、2000個用意した提灯では足りないほど多くの人々が集まり、天候にも恵まれいよいよ今日から始まった大開帳の祝賀に相応しいものとなりました。

20080428181206この提灯行列は、成田国際空港の開港30周年もあわせてお祝いしていたため、NAA(成田国際空港株式会社)関係者もおそろいの半被姿で多数行列に参加していました。

また、まるで夏の祇園祭かのように各町内からは屋台や山車が繰り出し、夕方から夜の一時、JR成田駅から新勝寺門前までの参道は大いに賑わいました。

200804281846471070年という途方も無く長い歴史を刻む成田山の存在は、成田の歴史の中心です。そして新たな成田の歴史を刻み続けている成田国際空港の存在も、今や成田にとって不可欠です。

10年後も成田が益々発展し、成田山開基1080年、空港開港40周年が更に盛大にお祝いできることを望み、活動を続けて行きたいと感じる今日の行事でした。

|

« 山口2区補選が示す国民の感覚 | トップページ | 値上げ 懸念される行政のコスト負担 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/41024968

この記事へのトラックバック一覧です: 成田山開基1070年を祝して提灯行列:

« 山口2区補選が示す国民の感覚 | トップページ | 値上げ 懸念される行政のコスト負担 »