« 値上げ 懸念される行政のコスト負担 | トップページ | 現在の成田市周辺の合併議論 »

2008年4月30日 (水)

ガソリン暫定税率復活

国会では、河野衆議院議長の本会議場への入場を民主党若手議員が阻止するなど、ニュースで伝えられた映像を見るかぎり、混乱が伝わってきました。

また、巷では値上がりする前に安いガソリンを入れようと、ガソリンスタンドに並ぶ車が長蛇の列を作っていました。

福田首相は、今日の再可決後臨時の記者会見で、「政治の混乱のツケを国民生活に及ぼすことになった」と謝罪とも取れる発言も見られました。

一方で、地方自治体では、今回の暫定税率の復活を歓迎する声も多く聞かれ、今回の衆議院での税制関連法案再可決について様々な見方があるのも事実です。

ただ、上がったり下がったり、国政の停滞が内外に露呈されたことは事実です。

さて、焦点は今後の道路特定財源の在り方や、暫定税率の期間の問題などが大きな議論となるものと思います。

暫定税率の復活で、成田市でも懸念していた税収の穴が埋められる見通しとなりましたが、国民からいただいている貴重な財源である事を認識して、有効に無駄なく使われるように、他の予算も含めて議会の責務を全うしていきたいと思います。

|

« 値上げ 懸念される行政のコスト負担 | トップページ | 現在の成田市周辺の合併議論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン暫定税率復活:

« 値上げ 懸念される行政のコスト負担 | トップページ | 現在の成田市周辺の合併議論 »