« 成田山開基1070年を祝して提灯行列 | トップページ | ガソリン暫定税率復活 »

2008年4月29日 (火)

値上げ 懸念される行政のコスト負担

巷では、ゴールデンウィーク。しかし、今年は、カレンダーの関係であまり長期でお休みとはいかない人も多いのではないでしょうか。

20080429110709今日は、ボーイスカウト印旛地区の総会が開催され、相談役という立場で総会、表彰式、懇親会に参加しました。毎年持ちまわりで印旛地区の各団が担当していて、今年は成田の当番に当たりました。

懇親会では、保護者の方々特にお母さん方が手作りの料理をふんだんに準備されていました。内容を見る限り、かなり前から周到な準備をされていたようです。今回のまわり番で最も苦労した点かもしれません。

さて、夕方には帰宅し、時間に余裕があったため家族で市内に買い物に出かけました。束の間ですが家族サービスの一環です。

先にもお伝えしたとおり、食品売り場では物が溢れていますが、様々なものの値段が上昇し始めています。ガソリンも30円前後値上がりすることが確実となりました。

行政も工事や物品調達など、市場のものの値段の変動に大きく影響を受けます。

しかし、経済や社会のスピードと比べるとその対応は迅速でないため、後手に回ってしまう事が多いのが実情です。

特に、1年間の様々な予算を前もって決定するため、現在の市場価格の変動とかなりの差が生じてくる気配です。

過去にもオイルショック時に大混乱があり、国や県の機関では価格の見直しなどが年度途中にも行われました。

果たして今年これから、どのような対応に迫られるのか経済の動向にも注意していきたいと思います。

|

« 成田山開基1070年を祝して提灯行列 | トップページ | ガソリン暫定税率復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/41040356

この記事へのトラックバック一覧です: 値上げ 懸念される行政のコスト負担:

« 成田山開基1070年を祝して提灯行列 | トップページ | ガソリン暫定税率復活 »