« 新年度スタートと8億6千万円 | トップページ | 宮内庁下総御料牧場の歴史をたどる »

2008年4月 2日 (水)

地元の公園の提灯 無事に点灯

今日は午前中に役員を務める二つの保育園の入園式にそれぞれ出席し、理事長としてお祝いのご挨拶をさせていただきました。

挨拶の内容のほとんどが保護者向けとなりましたが、話を聞いていただいている態度にも大きな差があったように思います。

小さな子どもを抱えながらも、真剣に私の顔を見て話に耳を傾けていただいた方もいれば、職員との挨拶もままならない保護者もいました。これから子どもだけでなく、保護者への対応にも追われそうな気がした入園式でした。

午後からも色々な事がありましたが、ほとんどが電話連絡での対応となりました。

その対応に追われたうちの一つに、先日、三里塚第1公園に設置したお花見用の提灯が点灯していないというものがありました。

日中時間が空いたところで現地を確認したところ、昨日の強い風の影響か電線が断線している箇所を発見。そのまま放置しておくと歩道上に提灯が落下する恐れもある状況でした。

これについては、急遽、夕方から消防団有志に協力を依頼。応急処置により点灯させようと脚立や工具を用意して現地へ到着すると、何とすでに修理が完了していたのです。それもどう見てもプロの仕事。どうやら協力いただいている地元の電気屋さんが断線に気がついて処置してくれたようです。

お陰で、私たちの仕事は球切れの電球の交換のみで夜間の暗い中での作業は約1時間で終了する事が出来、仲間とともに食事をする時間に恵まれました。

現在午後11時45分、帰宅してこのブログを更新していますが少しアルコールの量がいつもよりも多かったかと感じています。

|

« 新年度スタートと8億6千万円 | トップページ | 宮内庁下総御料牧場の歴史をたどる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/40746059

この記事へのトラックバック一覧です: 地元の公園の提灯 無事に点灯:

« 新年度スタートと8億6千万円 | トップページ | 宮内庁下総御料牧場の歴史をたどる »