« 地元の公園の提灯 無事に点灯 | トップページ | 秋を見据えて »

2008年4月 3日 (木)

宮内庁下総御料牧場の歴史をたどる

今日は午前中に市役所でユネスコ協会の広報紙について、印刷業者と打ち合わせを行い、その足で6日の日曜日に予定している、三里塚記念公園内の貴賓館の一般公開に備えて、成田市が所蔵している御料牧場時代の史料の調査のため成田市立図書館へ向かいました。

図書館では、既に生涯学習部長が連絡を取っていただいていたため、担当者からスムーズな説明を受ける事が出来ました。

御料牧場時代の史料や写真は、かなり現存するものの、これまで本格的な整理をしていなかったため、即展示等に利用できる状態ではありませんが、紹介用のビデオの存在も解り活用できるものがかなりありそうです。

その後、三里塚記念館に向かい紹介用ビデオの状態を確認しました。既にビデオからDVDに媒体が移され、映像も若干劣化が見られるものの珍しい映像が多くあるため、一般公開で利用させていただこうと考えています。

映像の中には、皇室の各宮家が三里塚の地を訪れた時のものや、特に現在の天皇陛下が皇太子時代に訪れた際撮影された貴重な映像も含まれています。

そして何と驚いたのが、最後のほうには今は亡き私の祖父(小池 正 元市議会議員)が登場しており、御料牧場との関わりについてコメントしていました。

少しずつではありますが、地元三里塚の歴史について紐解いています。

|

« 地元の公園の提灯 無事に点灯 | トップページ | 秋を見据えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/40750767

この記事へのトラックバック一覧です: 宮内庁下総御料牧場の歴史をたどる:

« 地元の公園の提灯 無事に点灯 | トップページ | 秋を見据えて »