« 調整に頭を痛めています | トップページ | 議会開会前日です »

2008年6月 4日 (水)

経験を伴う説得力 昨晩と今日の勉強会で実感

昨晩は、ブログ更新の後、千葉文化会館で開催された衆議院議員 麻生太郎氏を招いての勉強会に出席してきました。成田市議会の同僚議員の顔もありましたが、県議会議員会も主催団体の一つであった事もあって、政策集団「夢の会」のメンバーや日頃お付き合いのある各地の県・市・町・村議員の方々とお会いする事も出来ました。

勉強会終了後は、「夢の会」のメンバーと食事をとりながら意見交換会を行い、どうにか日付けをまたがずに帰宅した所です。

そして、今日は成田市議会の議員団による勉強会が午前10時30分から開催されました。

その後、午後からは議案説明会、議会運営委員会と続きましたが、議会運営に関する協議では思いのほか強い反対意見などもなく、円滑に多くの内容を決定できました。

さて、今日の勉強会の講師は、岩手県滝沢村の前村長を務めた柳村純一氏で、議員を3期、その後、村長3期を務めた経歴の持ち主です。

政治の最前線から退いた現在は、村長時代の取り組みが高く評価され、行政のみならず民間、あるいは大学等の高等教育機関などから多くの講演依頼のある方で、最近ではテレビにも出演されるなどこれまでの実績が高く評価されている方です。

たまたま、この二日間で集中的に現職代議士で、将来の総理候補としても注目されている麻生氏と、地方自治体のトップとして実際に多くの課題や問題点を乗り越えながら組織作りを行った柳村氏の貴重なご講演を聞く機会を得たわけですが、私なりにお二人に共通していた事を強く感じました。

それは、「講演中、一時たりとも聞く側を飽きさせない」ということです。約1時間お二人とも聴衆の興味を常に引き付けながら話し続ける独特の世界を持っていたように思います。

そして何より感じたのは、「すべてのお話が経験に裏付けされているため説得力がある」と言う事です。

私も、お二人とは比較になりませんが、人前でお話をさせていただく機会があります。しかし、少しでも参考にしようとか真似しようとか思っても、経験の度合いがあまりにも違うため、それすらも到底不可能であるという事を思い知らされました。

何事も、自ら考えて、自ら動いて、また考えて、という努力の繰り返しによって経験が積まれ、それが自然に能力として発揮されるのだと思います。私も日々の活動の中から経験を積み重ね、説得力のあるお話が出来るように努力したいと思った二つの勉強会でした。

|

« 調整に頭を痛めています | トップページ | 議会開会前日です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経験を伴う説得力 昨晩と今日の勉強会で実感:

« 調整に頭を痛めています | トップページ | 議会開会前日です »