« 若手市議の会 千葉代表に就任 | トップページ | ムクドリ 保護か駆除か »

2008年7月 1日 (火)

ガソリン 180円台 物価上昇と行政コスト

昨日、千葉から戻る時にガソリンスタンドの入口が混雑していました。それも夜8時過ぎに。

やはり今日からのガソリンの値上げを前に、駆け込み給油で混雑していたのであろうと思います。

こうなると、以前からも指摘しているとおり行政の様々なコストの上昇も必至で、当初予算との差異が生じるのではないかと考えます。

特に行政の予算は、前年度のうちに細かい内容を積み上げているため、現状のような短期間でかつ急激な物価スライドが発生した場合には、何らかの対応が必要になってきます。

今のところ、財政豊かな成田市であるからこそか、大きな議論には発展していませんが、動きの激しい経済状況を考えるとどのような影響が発生しているのか、または予想されるのか把握する必要に迫られてきていると考えます。

既に国や県では公共工事の資材等の高騰を配慮して、対応を行う方針が打ち出されました。また、各地の自治体でも今後補正予算を編成するなどの検討がなされているようです。

成田市の対応が気になるところですが、議会としても重要な問題として認識する必要があると考えます。

|

« 若手市議の会 千葉代表に就任 | トップページ | ムクドリ 保護か駆除か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン 180円台 物価上昇と行政コスト:

« 若手市議の会 千葉代表に就任 | トップページ | ムクドリ 保護か駆除か »