« 炎天下 お祭準備 | トップページ | 5000発に向けて »

2008年7月13日 (日)

”ふるさと”に感動

今日は昨日に続いて地元祭礼の準備がありましたが、ほんの顔を出す程度とさせていただき、各行事へ参加させていただきました。

20080713092155午前中は、八代区の八坂神社祭礼へ。予定通り神事を終えた後、午前9時、予定通り御神輿の宮出しが行われました。八代区は決して世帯数も多いわけではありませんが、各世代の方々が協力して年間の各行事を伝統的に行っています。

今年も、いつもの八代の皆さん顔ぶれが勢揃いし、威勢良く御神輿が出発しました。時間が許すときには、御神輿を一緒に担がせていただいていましたが、ここ数年行事が重なりお手伝いできず心苦しいところです。

さて、午後からは、成田楽友協会合唱団が主催し、成田ユネスコ協会も共催となった「成田国際交流特別演奏会」の準備のため、国際文化会館へ向かいました。

私の役目は、演奏会終了後のパーティーの設営。設営と聞いていましたので、それなりに心の準備をしていましたが、主な仕事はテーブルの配置と飲み物の搬入ぐらいで、思ったよりも軽い作業でした。

という事で、演奏会をじっくりと拝聴させていただきました。

20080713142757昨日来日したばかりのオーストリア ツィアル協会合唱団の歌声に感激。特に、「ふるさと」を日本語で聞いた時には、心から感動してしまいました。そしてこの「ふるさと」を、成田高校の管弦楽の演奏により、ツィアル協会合唱団、成田楽友教会合唱団、日本航空合唱団がアンコールに応えて歌い、会場もその素晴らしさに何とも言えない雰囲気に包まれました。そして、割れんばかりの拍手とともに幕となりました。

20080713161032 最近では、この「ふるさと」を聞く機会も減ってきたように思います。特に、最近の子供たちにとって日本の伝統的童謡とも言えるこの歌の存在がどのようになっているのだろうか、とふと考えてしまいました。

夜には早速、今年4歳になる長男にパソコンを通じて「ふるさと」を聞かせた次第です。

さて、明日からまた1週間、精力的に活動してまいります。

|

« 炎天下 お祭準備 | トップページ | 5000発に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”ふるさと”に感動:

« 炎天下 お祭準備 | トップページ | 5000発に向けて »