« ガソリン 180円台 物価上昇と行政コスト | トップページ | 成田祇園祭はじまる »

2008年7月 2日 (水)

ムクドリ 保護か駆除か

今日は午後から市役所での活動となりました。

議会が終わって、一つの特別委員会が県外視察に行っているという事もあり、議員の在庁を示す表示板は私のみ。6月議会中とは打って変わって静かな成田市議会でした。

議会で打ち合わせを行った後、執行部の複数の課に足を運び、市民から寄せられた要望等を伝え協議させていてだきました。

その要望の中で、ムクドリ被害がありました。ムクドリ被害は全国で問題となっていますが、成田市でも懸案となっています。

成田市で問題が発生したのが、今から7,8年前のJR成田駅前。鳴き声と糞害で多くの苦情が寄せられ、現在の石渡議長が本会議で取り上げたほどです。

その後、駅前の木の枝を切るなどした所、今度は市役所下の51号線沿いへと移ってきました。こちらでも、歩行者からの苦情が多く寄せられ、木の枝を切りました。そして、現在では、市役所周辺に残った木に移っているようで、相変わらず被害や苦情が寄せられています。

当時議会での議論となった時は、身近に感じなかったのが正直なところですが、ここ数年全国でその被害が報告され、テレビ等でも頻繁にムクドリ対策が報じられたこともあり、私自身一定の関心を寄せていたところです。

今回は、特に直接市民の方からその被害の実情を訴えられたため、市役所の財産を管理する管財課へ赴きましたが、今のところ適宜の対応を行っていただいているようでした。

しかし、これまでムクドリを有害鳥獣として駆除している事実も多数報告されている中では、今後成田市としても苦情と被害によって、木の枝の伐採を超えた対応が必要になってくるのではないかと感じた問題です。

|

« ガソリン 180円台 物価上昇と行政コスト | トップページ | 成田祇園祭はじまる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムクドリ 保護か駆除か:

« ガソリン 180円台 物価上昇と行政コスト | トップページ | 成田祇園祭はじまる »