« どうなる 日本の漁業 | トップページ | 資源が無駄にされている という指摘 »

2008年7月16日 (水)

教員採用汚職に思う事

連日報道されている大分県の教員採用試験に絡む汚職事件。教育者として社会の模範であるはずの教員が、その採用の段階で不正が繰り返されていたとの事。現実に不正に採用された教員が学校現場で子どもたちと接し、教壇に立っている現実を考えると、その影響の大きさは計り知れません。

そもそも、教員の人事を教員自身が行っているという現在の教育委員会の問題点が浮き彫りになったのではないかと思います。とかく耳にするのが派閥。未だに教職員の中で派閥的なものがあり、その力関係によって人事が決定するという例が各地であるようです。成田市ではそのような事がないと認識していますが。

現在最も危惧しているのが、”全国の中で同様な事が行われていなかったのか?”という事です。ある教育関係者と意見交換した際、「千葉県では考えられない」、「どちらかというと地方のほうがそのような事がある可能性が・・・」との意見でした。

これまで、教育委員会の在り方について、また改革の必要性について何度となく議論されてきましたが、今回の事態を受けて真の改革に着手すべきであると考えます。

|

« どうなる 日本の漁業 | トップページ | 資源が無駄にされている という指摘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教員採用汚職に思う事:

« どうなる 日本の漁業 | トップページ | 資源が無駄にされている という指摘 »