« 5000発に向けて | トップページ | 教員採用汚職に思う事 »

2008年7月15日 (火)

どうなる 日本の漁業

今日のニュースで最も大きく取り上げられていたのが、「全国20万槽の漁船が一斉休漁」というもの。この5年で燃料費が3倍となり、漁に出れば出るほど赤字になるという窮状を訴えている全国の漁業者の姿を見て、果たしてこれが正常な経済なのであろうかと考えさせられました。

原油高の影響は、私たちの生活を含めて広い範囲に大きな影響を及ぼし、国家経済にも大きな影を落としています。

我が国の食文化は、近年大きく変わってきましたが漁業に頼るところは未だに多く、全国で漁業が成り立たない状況が続けば、国民の食生活にも直接大きな影響が出る事は間違いありません。

若林農林水産大臣は、記者会見で”直接燃料費への補てんをする事は困難”との見解を示しましたが、最大限の対策を講じる旨を明らかにしました。

原油や穀物をはじめとする資源高の影響は、各産業に共通して大きな影響を及ぼしているため、漁業だけに焦点を当てる難しさもあるものと思いますが、今こそ政治的決断をしないと取り返しの付かない事になるのではないかと考えます。

そして私たち消費者も、現在の厳しい状況に置かれている農業や水産業の実情を理解する必要があり、政治家は国民生活の実態を把握して、何と言っても国家の経済が非常事態に陥る可能性がある事を理解すべきです。

|

« 5000発に向けて | トップページ | 教員採用汚職に思う事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうなる 日本の漁業:

« 5000発に向けて | トップページ | 教員採用汚職に思う事 »