« 9月議会の運営を協議  | トップページ | 改革の手ごたえ »

2008年9月 2日 (火)

政権政党の責任

福田総理の突然の辞任会見から一夜明けて、様々な反応が出てきているところです。

誰もが注目している内容は、次期首相は誰になるのか、解散総選挙はいつ行われるのかの2点だと思います。

自民党員としてまた地元支部の役員として長く活動していますが、今後もますます風当たりの強さを感じることとなるのか、と想像しているところです。

2代続けての突然の辞任劇に、国民からも政治に対する批判、特に自民党に対する不満の声が上がっています。

次期首相には麻生幹事長が有力視されていますが、政権を担う政党としての責任を果たしてもらいたいところです。

個人的に麻生太郎という政治家は、最近好きになりました。

|

« 9月議会の運営を協議  | トップページ | 改革の手ごたえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権政党の責任:

« 9月議会の運営を協議  | トップページ | 改革の手ごたえ »