« 理解できない辞任劇 | トップページ | 地元小学校の運動会 »

2008年9月20日 (土)

後期高齢者医療制度が廃止?

今日のニュースで、桝添厚生労働大臣が「後期高齢者医療制度を廃止して、新たな制度の創設を検討する」とありました。

この後期高齢者医療制度に対する国民の不満が大きいことは、成田市議会でも議論されてきました。しかし、制度の廃止を求める請願に対しては、

  • 将来へ向けて新しい制度を創設することは間違っていなかった
  • 過去数年間の議論を踏まえ導入した制度を簡単に廃止することは適切でない
  • 問題点に対しては見直しを求める
  • 国民に理解される制度となるように今後も改善を求める

などの観点から6月議会で不採択、今議会においても同趣旨の請願に対して担当の委員会で不採択とすべきという結果が出されています。

私も、担当委員会の所属で、この議論においては前面に立って与党の立場を擁護してきたところです。ところが一転、選挙を意識したのか「新制度を創設する」とまさに寝耳に水とはこの事。

国政の場で決定された制度を地方の現場で、不満を隠し擁護しながら真面目に対応して来た市町村、議会の立場は面目丸つぶれといったところでしょうか。何しろ「制度の抜本的な見直し」ではなく「制度を廃止して新制度創設」との文言でしたので驚いています。

今後、連立与党内でも大きな議論となると思いますが、政権の維持ばかりに目を奪われるのではなく、最前線にある地方自治体や地方議会に目を向けた国政運営を行って欲しいと切に願います。

|

« 理解できない辞任劇 | トップページ | 地元小学校の運動会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療制度が廃止?:

« 理解できない辞任劇 | トップページ | 地元小学校の運動会 »