« 空港の完全民営化 地元にとっての懸念 | トップページ | 妻と水入らず »

2008年10月31日 (金)

各種審議会への議員参加のあり方

今日は他会派の議員と、非公式に現在の議会改革の進捗状況など意見交換をしました。特に現在議論の大詰めとなっている、各種審議会への議員の参加について、意見交換の必要性を共通に認識し、かねてより計画していたものです。

この各種審議会への議員の参加は、二元代表制の基本を考えた場合に好ましくない、あるいは審議会に参加した際の報酬支給が二重支給に当たる、などの見地から全国的に議論も進んでいます。

成田市議会でも、昨年より継続的に議論を進めてきましたが、次の12月議会で結論を出す予定にしているため大詰めの議論となっています。

既に一定の方針は確認されたところですが、現状の成田市の各種審議会に議員が参加しない事で、新たな不都合が生じてなならず、議会側にとっても折角の政策決定の機会を単純に放棄してもならないと考えています。

しかし、これまで各種審議会の中には、設置されているにもかかわらず有効に機能していないと思われるものや、年度末に駆け込みで開催するなども見られたのが実態です。

そこで、今回の議会側の議論が、各種審議会のあり方そのものへの議論に発展し、真の市民参加が促進されることを望んでいます。

一方、議会としてもこれまで議員が議会代表として参加しているにもかかわらず、各種審議会の議論や課題が議会として共有できなかった事実もあるものと考えています。

つまり、今回の議論が各種審議会を執行部としてどのように位置づけるのか、又議会として休会中の議会としてのあり方についてなどに発展させなければならないと考えています。

12月議会開会予定まで1ヶ月を切りました。様々な行事等であっという間に過ぎそうな11月ですが、成田市にとって発展的な議論となるように取り組む所存です。

|

« 空港の完全民営化 地元にとっての懸念 | トップページ | 妻と水入らず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 各種審議会への議員参加のあり方:

« 空港の完全民営化 地元にとっての懸念 | トップページ | 妻と水入らず »