« 産業まつりの準備進む | トップページ | 休養を取らせていただきました »

2008年11月15日 (土)

ディスカッション

今日は、市川市で開催された千葉県ユネスコ大会に参加しました。

午前中は4つの分科会に分かれての行事となり、私は第1分科会の「青年と語る”平和と戦争を考える”」に参加しました。

この中では、はじめに”平和を感じること”、”戦争について”をそれぞれが記述して、グループごとに話し合う場が持たれました。各グループには、20代から70代の幅広い年代層が均等に配置され、さまざまな視点での意見発表そしてディスカッションとなりました。

その後、アメリカで4年6か月留学し2か月前に帰国した青年から平和観、戦争に対する意見発表があり、その後さらにディスカッションが重ねられました。

日頃平和な中に生活している私たちにとって、”平和”のj実感はあまりありません。むしろそれが平和ということなのだと思います。また、常に戦争を行っているアメリカと比べても、”戦争”という概念そのものを考えずに生活しているのが実態です。

しかし、現状の世界情勢や実際にイラク、アフガニスタンから戻った兵士との交際など心うつ青年の意見発表に、今の日本の教育の在り方にさえ疑問を持つ機会となりました。

日頃議会では、ディスカッションというよりも一方的に質問をぶつける立場ですが、自分の意見に対して問いかけがあることによって改めて自分の知識や感性に変化があることに気が付き有意義なディスカッションであったと思います。

Img_0944午後からは、NTTの社長、その後日本ユネスコ協会連盟の会長を務めた児島 仁氏の「知識と智恵」と題した講演を聴き、日本をリードする企業のトップを務められた人物の偉大さを思い知る機会にもなりました。

さて、今週は視察等もありハードなスケジュールだったせいか、少し体に変調もありますので早めに休ませていただきます。

|

« 産業まつりの準備進む | トップページ | 休養を取らせていただきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディスカッション:

« 産業まつりの準備進む | トップページ | 休養を取らせていただきました »