« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

今年も明日1日

いよいよ年末という雰囲気が街のあちこちで感じられた今日の1日です。

私の自宅のお隣は和菓子屋さんで、毎年この時期、お正月に備えたお餅つきで早朝から夜遅くまで賑わい、その音が絶え間なく聞こえる事で年の瀬を感じています。

さて、昨日お知らせした新清掃工場の入札の件ですが、当初公告した1月30日締切、2月2日開札の日程は正式に中止が決定したようです。

これまで相当の期間準備を重ねてきた大規模事業が、なぜこの入札直前になって、中止となったのか、それも一度公告した内容を変更するなど、お粗末な事態の詳細についてはいまだよく理解できません。

議会運営を担当する私としては、来年2月後半から始まる3月議会に、清掃工場の建設と20年間の運転管理業務の契約議案が提案されるものと考えていただけに、今後の審議をする議会としてのスケジュールが気になるところです。

現在得ている情報の範囲では、3月議会中の議案の上程すら難しいのではないかとも考えられるため、議会としての新たな対応の必要性も視野に入れなければなりません。

これまで淡々と進められてきたかのように感じていた新清掃工場の発注プロセスですが、どのような議論が行われ、また何が原因で前代未聞の入札公告の変更、そして中止となるのか、市役所が閉庁のため情報を得るすべがなく、もどかしさを感じているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

新清掃工場入札 更に急遽・・・

Img_1079 2日ほど家族サービースのため書き込みをお休みしてしまいました。持ち歩けるパソコンが欲しいと感じる最近です。

最低年に1回は、宿泊を伴って家族サービスをするように心掛けています。今回は、子どもから「富士山が見たい」との要望があり、写真の通りとなりました。

さて、昨日から成田市役所内では、異例の幹部職員の会議が行われていました。

それは、先にもお知らせした新清掃工場の入札に関することだったようです。

御用納めを過ぎたこの年末に「なぜ?」という疑問が生じますが、相当重要な決定がなされたようです。

詳細は、解り次第報告しますが、新清掃工場の入札が大きく迷走しているかのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

御用納め 好ましくない新聞報道も

今年は暦の関係で、少し早い御用納めとなりました。

かつて御用納め当日の市役所は、実質的な仕事を午前中で終了し、午後はそれぞれの部署で一杯、という感じだったそうですが、最近では閉庁時間まできっちりと普通に仕事をしています。

民間企業の中には、まだそのような風潮が残っているところもあるかと思いますが、ほとんどの企業でも年末ギリギリまで仕事をしているようです。

さて、昨日お知らせしたように、昨日の県の教育委員会で決定された教職員の処分が発表になり、新聞各紙で報道されました。そして、何とその中に成田市立中学校の男性教諭が含まれています。

新聞報道によると、この男性教諭は、11月16日に富里市内のホームセンターで\6,750相当の品物を万引きしたとの事で、停職3ヵ月の懲戒処分となったとの事です。

実は、この万引き事件後、私のところにいくつかの情報があったため、不確実ではありましたが、事の内容を概略把握していました。さらに昨日、処分が決定される事も想定していたところです。

学校に通う生徒のことを考えると、受験を控えたこの時期にすべてを公表すべきでないとも考えますが、既に事実が判明しているにもかかわらず、現在まで教育委員会から情報の提供が担当委員会の委員にすら全くなされない事を不思議に感じています。

明日からしばらく市役所は閉庁ですので、議会への対応は先送りとなるものと思いますが、学校関係の不祥事は報道がないと明らかにならないという不思議な聖域のようなものがあるように思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

お粗末な対応 入札公告内容を急きょ変更

今日は新清掃工場整備特別委員会が急きょ開催され、傍聴しました。

19日に「(仮称)成田市・富里市新清掃工場整備及び運営事業の入札について」の公告がありましたが、朝に公告した内容をその日の夕方に変更したという事で、成田市では過去にない対応をした事実があります。

ここで特別委員会が問題にしている内容を整理してみると、

  • 特別委員会の場では、もともと3社を想定した議論が担当部課を交えてなされていたにもかかわらず、実質2社に制限された
  • 環境部長が担当課の意向とは異なる業者選定基準を12月4日の指名審査委員会で急に提案した
  • 19日の公告内容の変更が、入札参加基準から漏れたメーカーによる指摘で行われた
  • 入札公告の内容の変更が容易に行えるのか

などなど、来年の3月議会で契約案件を審査する担当委員会としては、さまざまな議論に発展してしまいました。

各委員の質問に対して、担当部長の答弁は「担当課長にもご迷惑をかけた」と、個人の責任を認めた内容でしたが、長い年月を経て準備をしてきた事業予定価格総額262億円(税抜き)の大規模事業の発注間際になって、何ともお粗末としか言いようがありません。

さて、全く別件ですが今日の千葉県教育委員会において、教職員の処分が決定されました。

記者発表も行われたという事で、あすの朝刊にどのような内容が掲載されるのか、心配なところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

金融危機の波が成田空港へも

20081224111117今日は午前中に、地域の高齢者を招待してのクリスマス会を社会福祉法人三成会で開催しました。

先日もサンタクロースに変身しましたが、今日もその要望があり写真の通りとなりました。少し細みのサンタでした。

午後からは、騒音対策連絡協議会の会議に出席しましたが、その中でNAA(空港会社)の地域共生部から空港の運用状況について説明がありました。

世界中に大不況の波が押し寄せています。その波が、着実に空港にも押し寄せている事が運用状況の説明でわかりました。

細かいデータは抜きにして、輸出が前年比マイナス30%、輸入もマイナス10%を超えているとのことです。

特に、8月あたりからの落ち込みが続きこの12月までもその落ち込みの歯止めがかかっていないとの事でした。

成田市の税収の多くが固定資産税であるため、比較的景気の影響を受けないとされていましたが、この不況の波がさらに大きく増幅すれば影響は避けられません。

特に貨物取扱量の減少は、直接雇用に影響し、派遣社員を多く活用している貨物関連の企業の動向にも注視しなければなりません。

新しい年のスタートは前途多難な様相です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

歳末らしさ

今年も本当に残り少なくなってきました。

私の住む三里塚地区の商店街は、他の地域と同様に年々寂しさが増しています。

「どうにかならないのか」と、私への要望も強さを増してきていますが、既存商店街の活性化の打開策は正直今のところ見い出せずにいます。

20081223100443 私の家の隣では、毎年恒例になった全三里塚商和会による福引が行われました。最近では地元でほとんど見られない行列です。

地元の商店街の方々のご苦労に少しでも報いなければ、と感じた今日の福引です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

入札広告が変更された・・・

先週19日に公告された、「(仮称)成田市・富里市新清掃工場整備及び運営事業の入札について」http://www.city.narita.chiba.jp/sisei/sosiki/kankei/std0049.html、何件か問い合わせを頂きました。

先にもお知らせしたとおり、予定価格が建設工事費107億1千万円、20年間の運転業務で160億円(いずれも税抜き)成田市史上かつて無い規模の公共事業の発注です。

問い合わせのあった内容とは、当初公告された内容がその日のうちに変更されたというもの。確かに、ホームページを見ると入札公告を変更した旨の記載があります。

私が直接確認したわけではありませんが、変更前の内容では入札参加できるメーカーが1社のみになってしまっていたようです。

内容はともかく、なぜこのような事態が発生したかが気にかかるところで、”何年もかけて議論し作り上げて来た入札に関する内容にどうして不備が発生したのか”、理解に苦しむところです。

特に入札参加資格については、市の幹部がメンバーとなっている指名審査委員会で決定された内容が記述されるはず。

単に書類作成上のミスと言うことか、それにしても成田市役所の各部署の連携が円滑でないと思われるところが気にかかっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

ニュータウンスポーツ広場整備に伴う影響

この季節としては過ごしやすい気温であった今日の午前中は、ボーイスカウトの活動に参加しました。

ボーイスカウト成田第1団では、毎年クリスマス前の日曜日に専用のキャンプ場で活動を行っています。

この専用のキャンプ場ですが、市内の船形地先の里山の中にあり、一般の人の目に触れることはほとんどない場所です。

ボーイスカウトでは、これまで土地所有者のご理解をいただき、20年以上専用のキャンプ場として利用してきました。

しかし、この場所がニュータウンのスポーツ広場として整備することが決定し、近く買収されることになっています。

しかし、市からの具体的な話も無いため、成田市との直接的な協議も進められず、「いつまで使用できるのか」、「新たな適地はあるのか」、「代替え地を斡旋してもらえるのか」など団の中でも困惑が続いていました。

最近になって、担当課からいよいよ事業を進めるという事で、協議をしたいとの連絡がありました。

このキャンプ場を使い続けることが不可能なことは、誰もが理解していることですが、今後の活動に大きな支障をきたす問題ですので、育成会長の私としても微力ながら尽力する所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

サンタクロースに変身

昨日は1日レクリエーションで過ごし、帰宅も深夜となったため、更新できず済みませんでした。

さて、今日は様々な行事がありましたが、私が理事長を務める保育園のおゆうぎ会が三里塚コミュニティセンターで開催され、行事の後半にはサンタクロースに変身し、園児達にプレゼントを配りました。

着替えの途中、園児に見られてしまったため不思議そうにする園児もいましたが、年中、年長のこども達からは「着替えるの早いね」とバレバレの状態でした。

ということで、来年は今年の反省を踏まえ、立派なサンタクロースになれるように工夫をしたいと思います。

夕方からは、地元学校関係の忘年会に参加しましたが、急遽、林 幹雄代議士が挨拶に訪れました。

参加者も十数人ほどの小さな会にもかかわらず、僅かな時間でも挨拶に見えたところなどを考えると、やはり総選挙はかなり近づいているのか、とも考えたところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

当初の議会改革に目処が立ちました

今日で12月議会が閉会しました。

午前中に議会運営委員会、全員協議会と続き、午後の本会議では上程されていた議案すべてが可決しました。

また、これまで進めてきた議会改革のうち、最も時間を要した各種審議会への議員参加について、法律に基づくもの、他市町村との協議が必要なもの、議会の要請によってつくられたものを除き、議員が参加しないことを決定しました。

これによって、議会運営委員長の職に就いて当初掲げた議会改革の内容については、ほぼ目処が立ったという感じです。

しかし、さまざまな変化も生じていることから、今後も引き続き努力を重ねていきたいと思います。

今日の全員協議会では、4件の報告がありました。

12そのうちの1件で、ニュータウン赤坂地区に企業庁が所有する土地がありますが、約1haについて市の公共施設用地として買収して行きたい旨の内容がありました。

当面は、不足している中央公民館と図書館利用者のための駐車場用地として活用されていくようですが、近い将来中央公民館の建て替えも計画されていることから、新たな公共施設が計画されるものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

刺客

小泉チルドレンが生まれた総選挙では、郵政造反組の選挙区へ刺客が送り込まれ話題となりました。

今日の細田自民党幹事長の発言で、「自民党を離党すれば刺客を送られるだけ」、と脅しとも締め付けともとれる内容があったとニュースが伝えています。

自民党員としての私としても、このような党の幹部の発言があった事は、少し情けなさを感じるところです。それだけ自民党内が混乱しているということでしょう。

しかし、自民党を支えているのは地方の各組織。永田町の論理だけで総選挙を戦うつもりなのか、この点についても最近不満を感じるところです。

さて、今日は昼食をとりながら空港関連の意見交換を行い、その後ユネスコ協会の理事会に出席、理事会終了後は、市役所内の各課を回り抱えていた要望の処理に当たりました。

いよいよ明日は、12月議会最終日となります。議会運営委員会を10時から開催して、議会改革の大きな柱の一つである議員の各種審議会への参加見直しについて最終決定をする予定です。

また、議員発議として1件上程する準備を進めています。

議会としては、今年の締めくくりの明日1日、順調に過ごすことができるか少しだけ頭が重い今日の夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

3rdから4thへ

20081216143509 今日は今年10月18日に行われた、NARITA花火大会http://narita-city.ptu.jp/の反省会が行われ、実行委員のメンバーとして参加しました。

警察関係者をはじめ、大会の顧問でもある市長も会議の始まりに出席していただき、今後の大会のさらなる拡大を求めるご挨拶をいただいたところです。

という事で、今年の3rdから来年10月には4回目となる4thを開催するべく、準備が進められていく事になりました。

まだ小さな始まったばかりの花火大会で、主催者も素人集団の実行委員会ですが、近隣の花火大会にはない独自性を打ち出して行きたいと思います。

今年の桟敷750席、打ち上げ総数6000発を上回る規模が目標です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

清掃作業と会派研修会

今日はまずはじめに、金曜日市役所閉庁後、大栄野球場に関する疑問点について報告しておこうと思います。

現在開会中の議会に、議案第10号 市有財産の取得について((仮称)大栄野球場整備事業用地)が上程されています。

既に付託された委員会で審査され、可決すべきものとして本会議に送られることになっていますが、既に予定価格1億円を超える工事の発注手続きが進められており、今月5日から入札を受け付けているという事実が判明しました。

この事について議会側には全く何の説明もなく、入札の公告の中にもその旨の表記が全くありません。

仮に、議会が否決した場合には用地買収が不可能になるかまたは、遅れることになり、工事の契約自体も行う事が出来なくなるという想定も考えられるのです。

しかしながら、今回の工事発注に関しては、いつもの発注手続き通りで、特別な意識もなく議会への配慮や入札に参加する建設会社への説明も不十分と言わざるを得ません。

という事で、担当部署の職員に今後の再発防止を要請しました。市内部の調整に問題があると思える内容です。

ここで話をかえて、今日の主な活動に移りたいと思います。

Img_0965_2 午前中は、空港周辺環境美化協会の清掃作業に参加しました。今回は、会派として参加する事を決定したもので、会派の行事としての位置づけです。

通称空港通り国道295号線の大山地先から文化会館までの範囲を、約1時間かけて他の多くの団体、会社の皆さんと共に清掃作業を行いました。今後もこのような機会を見つけて、会派としての活動の幅を広げていきたいと思います。

Img_0974 午後からは、千葉県の健康福祉部、健康福祉政策課より本木副主幹をお招きして、医療政策に関する研修会を行いました。

今回の視点は、近い将来成田赤十字病院の施設整備に対する市の姿勢が問われることも想定されることから、県における保健医療計画の見直しや医療圏域の変更、そして成田赤十字病院の果たす役割などについて理解を深める事を目的としたものです。

成田市からも佐藤保健福祉部長他担当職員に参加していただき、意見交換を含めて医療の現状を理解する努力をしました。

これまで成田赤十字病院へは、市がこれまで多額の財政負担をしているにもかかわらず、市民からの多くの苦情が寄せられてきたところです。

そこで、改めて医療を取り巻く現状を理解し、今後さらなる負担を要請された場合の会派としての判断が求められるものと考え、研修会の実施となりました。

今回の研修では十分ではありませんので、さらに医療政策に関する内容について調査研究する必要性を感じたところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

成田空港 クリスマスフェスティバル2008

20081213105521曇り空でこの時期らしい寒さが戻った今日は、成田空港のクリスマスフェスティバル2008の会場へ行きました。こども二人も連れて僅かな時間でしたが、家族サービスの一環にはなったかと思います。

過去にも何度かこの行事に参加したこともありますが、旧公団時代と比べると華やかさが増したように思います。

特に地域の人が参加しやすくなり、また著名なアーティストによるステージもプログラムに組まれているなど、数年前と比べると内容が充実していたようにも思います。

ただ、このような機会にも改めて強く感じたのが、他の空港には無い空港入り口での過剰な警備。

この警備が無くなる時こそ本来の空港が完成することになるのか、 と感じた今日の1日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

総額168億 成田史上最大の事業

今日は午後2時から総務常任委員会が開催されました。

成田市議会では、補正予算を総務常任委員会で審査することとしているため、他の常任委員会と異なり、毎回幅広い行政分野の議論が行われます。

個人的な意見としては、年4回の定例議会のうち毎年3回は補正予算が提案されるため、予算委員会の常設化も必要ではないかと考えている昨今です。このような取り組みは、さいたま市議会で行われていますが、議会改革の議論と共に徐々に拡がりを見せるのではないかと思います。

さて、今回の補正予算の中で注目されたのが、20年間で建設・維持運転管理業務をあわせた総額168億円を計上した新清掃工場関連の予算です。

168億円は、あくまで限度額として設定され、1月下旬にこの金額を上限額として入札が行われる予定です。

豊住地区への建設白紙撤回から既に10年、これまで様々な議論を経てきた成田史上最大の公共事業がいよいよ大詰めとなってきています。

今後は、適正、公正な入札が行われ、成田・富里両市民にとって有益な施設となることを望んでいます。

さて、夕方6時を過ぎたところで今回提案された大栄野球場の建設に伴う用地買収にかかわる件で、急に疑問な点が生じました。

これは、あくまでも行政の手続き上の順序ですので、私の疑問は簡単に払拭されることと思いますが、この問題点の解決は既に市役所が閉庁してしまっていたため、月曜日に持ち越さざるを得なくなりました。

月曜日に早速担当課へ問い合わせることとしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

建設水道常任委員会が開催されました

昨晩、日が変わる直前に帰宅したところ長男が急におう吐し、その後も何度かおう吐が続いていました。

今朝になって熱も高くなったため大事をとって保育園を休ませ、妻が病院へ連れて行こうとすると、そう言えば今日は木曜日。いつものかかりつけのクリニックは休診のため、私が地元に新しく移転して小児科が開設された医院へ向かうと、”小児科は土曜のみ”の表示。

結局妻がインターネットで診てくれる医院を探しあて、長い時間待つこととなったようですが点滴を打ち帰宅したようです。

おう吐や下痢そして発熱を伴う症状が私の周りに目立っています。私も気をつけたいと思います。

という事で、子どもの看病でほとんど睡眠が取れなかったため、寝不足感のある今日は、建設水道常任委員会が開催され、議案の審査が行われました。

委員会そのものは、議案も問題の見当たらない内容であったため約30分で終了し、全議案可決されました。

その後、会派控室で同僚議員と意見交換し、保育園に下の子どもを迎えに行ってきたところです。(現在午後5時28分)

今日は、夜の予定がないためこのまま帰宅して、子どもの看病に時間を充てるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

教育民生常任委員会で質疑

今日は、市議会議員に当選以来お世話になっていた先輩議員であり、私が所属する会派「政友クラブ」の元会長でもある故神崎富士雄氏の告別式に参列しました。

昨日のお通夜に続いての参列となりましたが、これまで頂いた多くのご指導を思うと、せめて葬儀が終わるまでお近くにいたいという気持ちでした。

神崎先輩は、昭和50年から平成15年まで、成田市政の激動期に28年の長きにわたり成田市議会議員として多くの功績を残されました。と言うよりも、市政に対して大きな影響を与えた人物の一人と言えると思います。

特に、当選2期目で厳しい勢力争いの中、議長の座を得る実力は今なお語り継がれる事柄です。

私が当選してからは、常に議会のまとめ役としての顔があり、さまざまな局面で大きな力を発揮していた姿が印象的です。時には、政策や主張で対立したこともありましたが、それも今となってはいい思い出です。

偉大な先輩議員のご逝去で、成田市政の歴史が着実に変わっていることを感じたところです。心よろご冥福をお祈り申し上げます。

午後からは、教育民生常任委員会が開催され、議案や報告に対して質疑を交わしました。

議案はすべて可決しましたが、その中で大栄野球場の用地買収について、様々な意見が交わされました。

この大栄野球場は、旧大栄町時代の計画を成田市が引き継いだものですが、大栄時代の事業費と比べると、おおむね4倍規模の21億円に膨れ上がっています。

これに対して、なぜ土地の買収面積や事業そのものが拡大したのかについて疑問視した意見が厳しく出されたところです。

この件については、夏ごろから私の会派内でも同様な意見が出されていたところですが、旧大栄時代の計画そのものが甘く、開発に伴う要件を備えるために土地の買収面積を拡大せざるを得ず、それに伴い傾斜地が多く含まれることになって造成費用も莫大になるとという事実があります。

ただ、野球場そのものもグレードが上がったという事実もあるため、国体のためにそれほど多くの投資を行う必要があるのかといった疑問の声が未だに多くあります。

これに対して執行部は、高校野球で利用されている大谷津球場が北千葉道路の工事によって使用できない期間(約2年)も発生するため、その代替施設としての位置づけを行っているとの事でした。

私としては、これまで様々な視点から進めてきた計画であるため、計画そのものに異論はありませんが、「現在の計画を見ても事業費の圧縮が可能」との判断で、事業費を縮減するという視点でもう一度詳細まで点検をしてもらいたいと要請をしたところです。

私は、間違いなく削れる部分があると考えています。

22先日の保育園での餅つき大会。卒園生でもある前乃富士、前林一夫さんと。体重133kgと65kg、倍の違いがおわかりでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

空港内未買収用地の解決に向けて

今日は空港対策特別委員会が開催され、執行部からの報告に対して意見を述べさせていただきました。

今日の委員会で示された、空港周辺9市町の空港のポテンシャルを最大限活かすための今後の基本計画については、成田空港を取り巻く環境が大きく変化しているにもかかわらず、目新しさや斬新さに欠けるもので、特に空港を運営するNAAに対しては、NAAのHPの利用や行事の開催を要請するにとどまり、空港そのものの発展に繋がる内容に乏しい感を持ちました。

未だに未買収用地や発着回数拡大の課題に直接触れることができない現実は、成田空港問題が依然として存在し、この地域を強く支配していることを物語っているように思います。

夜には議員との懇談の場があったため、空港の発展について議論をしました。

その中で、すでに時代が大きく変化し、”成田は特別”という考え方が通用しない現在、今一度問題点を洗い出す必要があるとの認識で一致し、未だにB滑走路南端に居住する農家に対しては、市民や関係住民自らが立ち上がり、行政やNAAの立場ではない住民レベルでの訴えを起こす必要があるのではないかという私見を述べさせていただきました。

過去にもこのような考え方を関係者に伝えたこともありますが、その都度”交渉中であるので静観していて欲しい”とストップがかかっていた経緯があります。

しかし、これまで様々な手を尽くしても解決しない未買収用地の問題に対しては、そろそろ新たな行動に移す時期ではないかと考えています。

既に国の方針では、用地交渉を行うつもりはありません。あとは成田空港の今後と地域の将来を考えた上で、地元住民が判断するしかないように思います。

地権者に対して用地交渉に応じてもらうように、市民の思いや直接の声を何らかの形で作り上げる事を実践しなければならない時期に達している事を実感し、同僚議員との結束を確認したところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

東町ジャスコ 徳州会病院 現状は

早めの更新をさせていただきます。(現在午後4時)

まず今日は、午前中にユネスコ協会の環境絵本「サクラソウのひみつ」の贈呈式を開催し、事務局長として司会進行をさせていただきました。

Cherry1 この絵本は、三菱UFJフィナンシャルグループの協力によって、鷲谷いづみ氏(東京大学教授)が監修、幸田シャーミン氏が執筆して制作されたもので、全国の小学校、幼稚園、保育園に寄贈されています。

成田ユネスコ協会でも日本ユネスコ協会連盟からの依頼を受けて、対象施設にこの絵本贈呈することとしました。

今日の贈呈式には、代表としてつのぶえ保育園の園児と豊住小学校6年生の児童が参加し、ユネスコ協会の会長から絵本を直接手渡しました。

この絵本は、英語でも表記されているため、英語教育への活用も含めた利用を期待しているところです。

さて、昨日このブログに書き込んだ内容について少し調査してみました。

まず、東町地区のジャスコの計画ですが、建設関係の知人によると、「計画そのものは存在しているが、建設時期については未定で、着工までに2,3年かかるのではないか」との事でした。

また、徳州会病院ですが、ご存じの通り工事が中断しています。新たな総合病院が建設されるという事で、市民をはじめ多くの方々が期待を寄せていたところです。

工事が中断された背景には、全国にある多くのグループ病院の施設更新などにも多額の費用がかかり、ここに来てアメリカ発の金融不安も懸念されたため、金融機関との協議も必要となり、改めてグループ病院全体の見直しをしていることがあるとの事です。

現在は、工事再開に向けての協議を着実に進めていて、今のところ期間としては半年の遅れが出ているものの、工事再開に向けて着実に進めており、計画が白紙となるような事態はないとの事でした。

今日のところ現状でこの2つの件は、この程度の情報しか収集できませんでしたが、大きな動きがありましたらまた適時にご報告させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

忘年会シーズン突入

昨日は、午前中妻が不在であったため子守の担当となりました。

しかし、久しぶりに子どもたちと水入らずの時間を過ごすことができました。肌寒い中ではありましたが、自宅から1km以上あるNAAが管理するさくらの丘までの道のりを、往復歩くことができた我が子の成長を実感することともなった有意義な時間です。

夕方からは、忘年会のかけ持ちとなり、帰宅したのはとっくに日付が変わった午前2時。少し飲みすぎた感がいまだに残っていますが、いましばらく忘年会が続きますので体調管理もしっかりと行い、乗り切っていきたいと思います。

ある忘年会では、市政の現状など触れさせていただきご挨拶しましたが、その中で徳州会病院と東町のジャスコの計画についてお問い合わせをいただきました。

この2件については、正確な情報を持ち合わせていませんでしたので、明確に言及することを控えさせていただきましたが、私自身も収集できる範囲の情報を得る必要もあると判断しましたので、明日以降調査させていただこうと思います。

その結果は、またこの場でお知らせさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

「KY」の意味

今日は午前中に役員を務める保育園の行事に参加しました。

20081205101507 初めての試みで、高田川部屋より泰陽(たいよう)、前乃富士(まえのふじ)、大隼(だいはやぶさ)の3人の力士をお招きして、餅つき大会を行ったのです。このうち前乃富士さんは、地元出身で、卒園生でもあります。

餅つきに使用したもち米は、保育園の近くにある特設の田んぼで、子どもたち自ら田植えを行い、収穫したものです。

様々な機会をとらえて、子どもたちに多くの経験をしてもらいたいと考えています。

さて、「KY」という言葉はご存知かと思います。”(K)空気が(Y)読めない”つまり、場違いとかその場の雰囲気を察しない人のことです。

今日の某新聞には、麻生総理を「KY首相」と呼ぶ人もいるとか。ただし、この「KY」は、”経済が読めない”、”漢字が読めない”、”解散もやれない”だそうです。

そしてここ最近では、自民党内からも多くの批判が出ているとのことで、新聞の記事を読んでいるうちに、政権の安定性に大きな疑問を抱いてしまいました。

ただ、国家のリーダーに対する批判が、このように公然と行われている事に対しては、正直寂しさも感じたところです。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

党派を超えて

今日で一般質問が終わり、明日から委員会の日程に入ります。

提案されている各議案の実質的な審議となり、様々な内容について議論が交わされる事と思います。一般傍聴も可能ですので、委員会へも足を運んでいただければ幸いです。

今日の一般質問では、全く主義主張の異なる議員の質問がありましたが、国会のような与党野党と言う隔たりでなく、市民に直結する政治をつかさどる市議会として主張を共有する必要性も強く感じたところです。

”〇〇党だから”とか、”革新系だから”とかの区別をはじめから持つのではなく、市民や成田市にとって有益である、あるいは必要であると思える内容については、手を結ぶ必要もあるのかと考えた内容も多くありました。

この場での具体的内容は、誰の質問かが明確になりますので、あえて控えておきます。

かねてから私自身が成田市でも取り入れるべきと考えていた内容が提案されるたび、このような思いを深くしているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

新たな合併に対する問い合わせがありました

一般質問2日目の今日も5人が登壇し、市政の様々な施策について質問が行われました。

他の議員の質問で色々な情報を得ることが出来ます。更に自分とは違う視点での考え方も非常に参考になるのが一般質問です。

昨日と今日の2日間、傍聴席は相変わらずに寂しい状況ですが、平日の日中という事で多くの望むこと自体が無理なのかも知れません。そのために、インターネットでの中継や録画放映を取り入れたわけですので、今議会も多くのアクセスがあることを望んでいます。

さて、最近市民の方から合併に関する成田市の姿勢を問われます。と言うより「成田市は消極的であるのに対して、議会としてはどのような考え方であるのか」との質問もありました。

現状における議会全体の雰囲気はと言うと、下総・大栄両町との合併後、未だ時間も経過していない状況で新たな合併を進める時期ではない、との意見が大勢であると思います。これは、小泉市長が公に発言している内容と趣旨は同一のものです。

私も、実際に現在の成田市全体を見た場合には、合併から2年半を経過していても未だ一体感を感じられず、また下総・大栄両地区への財政的負担を重く感じているのが正直なところです。

しかし、成田市のあるべき姿が現在のままで良いのかという点において考えると、近い将来新たな枠組みの必要性も感じているところで、議論そのものの必要性は排除しません。

成田国際空港という他地域にない特色を持つこの地域としては、さまざまな視点においてこの地域の将来を議論しておく必要性があると考えています。

具体的には、空港南側の芝山町との連携は空港の発展を目指す上でも欠かせないものと考え、合併も視野に入れた議論も必要となるとの認識です。

ただ現在、成田市との合併希望は、富里市、芝山町、栄町、神崎町、多古町と1市4町を数えますが、果たしてその足並みがそろっているのかというと疑問も生じてきます。

以上の見解はあくまで、小池という議員個人の考え方であって、議会の中には様々な意見があるのも事実です。

いずれにしても、議会という機関がその意志を統一して出すためには、原則として多数決による何らかの決定プロセスが必要になるため、現状において議会としての意見を述べることはできませんのでご了承いただきたいと思います。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

一般質問が始まりました

今日から一般質問の日程に入り、5人の議員が登壇しました。

これまで議会運営の改革に着手し、質問形式も一問一答という方式を選択可能に、そして質問回数の制限も撤廃しました。

ちなみに、過去においては質問時間最大60分で質問は3回まで、すべての質問を一気に行って、その質問のすべてについて答弁をもらうという一括質疑一括答弁という形式でした。

一問一答とは、文字通り一つの質問に対して答弁をする、そしてこれを繰り返し議論を深めていくというものです。

これは、本来の議会としての機能を発揮するために、また傍聴者、あるいはケーブルテレビやインターネット視聴者にも議論をわかりやすくするためにという意図が主なものです。

しかし、現在の成田市議会では、事前に担当職員に問い合わせることで調査可能な内容、例えば単純な数値の問い合わせなどが本会議の質問で取り上げられる場面がしばしば見受けられ、本来の改革の意義とのずれを個人的に感じています。

確かに、議論を深める意味でその場での言質を得る必要もありますが、私個人としては持ち時間一杯にできる限り細かな質問をする事に終始している傾向が新たに出て来ているように感じています。

今期、議会運営委員長を仰せつかっていることもあり、私自身の本会議場での質問回数が減っているため、ほかの議員の質問を批判的に言う事は適切でないかもしれませんが、同僚議員からも同様の意見が聞こえてきています。

一般質問は、議員に与えられた権利で、本会議場において市長に対して公式に質問できる重要な場であることは言うまでもありません。

議員それぞれの質問の仕方、方法が議員個々の特色であることも理解しつつ、格調高い成田市議会の本会議場での議論の方法を、議員同士切磋琢磨して作り上げていければと考えた今日の本会議です。

<お知らせ>

中台運動公園のネーミングライツの募集に対して、応募が1件ありました。企業名等はまだ公表できません。ちなみに、5年計画で総額3500万円が成田市の提示額です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

政界再編の可能性?

今日から師走。1年経つのが本当に早く感じる最近です。

12月1日は、私と妻の結婚誕生日。特別な日ではありましたが、夕方から2件のお通夜、青年会議所OB会の忘年会もあり、特別なこともなく終わった感がします。

子どもが産まれてから我が家では、まず子どもの誕生日、そしてクリスマスが優先的な行事で、私や妻の誕生日はその次、そして結婚記念日がそれに続くといった序列でしょうか。

それでも、お互いに今日の結婚記念日を意識出来た事は解っていますし、日常の時間の流れの中で平凡に過ぎた事が何よりかと考えています。

さて、麻生内閣の支持率が30%を下回り、危険水域に達しています。

既に自民党の中にも、「このまま選挙を戦えるのか」といった声も多く出ているとの事。安倍、福田2代続いての突然の辞任劇の後だけに、ここで新たな顔の登場は考えられません。

とすると、水面下で様々な動きが出てくることは必至だと思います。民主党の中でも様々な勢力が存在していることは知られていますので、今後の支持率の状況如何によってはサプライズとなる可能性も否定できない情勢です。

今日も、ある議会関係者との電話の中で、「何があるかわからないそんな状況だ」との言葉が印象的でした。

ただ、前にも述べましたが国家の政治的安定がその国の成長には欠かせません。

タイで起きているような反政府派の空港占拠、インドでのテロなどの次元とは大きく異なるものですが、日本の政治体制が不安定であるとの指摘が強まっていることは間違いない事実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »