« 政界再編の可能性? | トップページ | 新たな合併に対する問い合わせがありました »

2008年12月 2日 (火)

一般質問が始まりました

今日から一般質問の日程に入り、5人の議員が登壇しました。

これまで議会運営の改革に着手し、質問形式も一問一答という方式を選択可能に、そして質問回数の制限も撤廃しました。

ちなみに、過去においては質問時間最大60分で質問は3回まで、すべての質問を一気に行って、その質問のすべてについて答弁をもらうという一括質疑一括答弁という形式でした。

一問一答とは、文字通り一つの質問に対して答弁をする、そしてこれを繰り返し議論を深めていくというものです。

これは、本来の議会としての機能を発揮するために、また傍聴者、あるいはケーブルテレビやインターネット視聴者にも議論をわかりやすくするためにという意図が主なものです。

しかし、現在の成田市議会では、事前に担当職員に問い合わせることで調査可能な内容、例えば単純な数値の問い合わせなどが本会議の質問で取り上げられる場面がしばしば見受けられ、本来の改革の意義とのずれを個人的に感じています。

確かに、議論を深める意味でその場での言質を得る必要もありますが、私個人としては持ち時間一杯にできる限り細かな質問をする事に終始している傾向が新たに出て来ているように感じています。

今期、議会運営委員長を仰せつかっていることもあり、私自身の本会議場での質問回数が減っているため、ほかの議員の質問を批判的に言う事は適切でないかもしれませんが、同僚議員からも同様の意見が聞こえてきています。

一般質問は、議員に与えられた権利で、本会議場において市長に対して公式に質問できる重要な場であることは言うまでもありません。

議員それぞれの質問の仕方、方法が議員個々の特色であることも理解しつつ、格調高い成田市議会の本会議場での議論の方法を、議員同士切磋琢磨して作り上げていければと考えた今日の本会議です。

<お知らせ>

中台運動公園のネーミングライツの募集に対して、応募が1件ありました。企業名等はまだ公表できません。ちなみに、5年計画で総額3500万円が成田市の提示額です。

|

« 政界再編の可能性? | トップページ | 新たな合併に対する問い合わせがありました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一般質問が始まりました:

« 政界再編の可能性? | トップページ | 新たな合併に対する問い合わせがありました »