« 成田空港 クリスマスフェスティバル2008 | トップページ | 3rdから4thへ »

2008年12月15日 (月)

清掃作業と会派研修会

今日はまずはじめに、金曜日市役所閉庁後、大栄野球場に関する疑問点について報告しておこうと思います。

現在開会中の議会に、議案第10号 市有財産の取得について((仮称)大栄野球場整備事業用地)が上程されています。

既に付託された委員会で審査され、可決すべきものとして本会議に送られることになっていますが、既に予定価格1億円を超える工事の発注手続きが進められており、今月5日から入札を受け付けているという事実が判明しました。

この事について議会側には全く何の説明もなく、入札の公告の中にもその旨の表記が全くありません。

仮に、議会が否決した場合には用地買収が不可能になるかまたは、遅れることになり、工事の契約自体も行う事が出来なくなるという想定も考えられるのです。

しかしながら、今回の工事発注に関しては、いつもの発注手続き通りで、特別な意識もなく議会への配慮や入札に参加する建設会社への説明も不十分と言わざるを得ません。

という事で、担当部署の職員に今後の再発防止を要請しました。市内部の調整に問題があると思える内容です。

ここで話をかえて、今日の主な活動に移りたいと思います。

Img_0965_2 午前中は、空港周辺環境美化協会の清掃作業に参加しました。今回は、会派として参加する事を決定したもので、会派の行事としての位置づけです。

通称空港通り国道295号線の大山地先から文化会館までの範囲を、約1時間かけて他の多くの団体、会社の皆さんと共に清掃作業を行いました。今後もこのような機会を見つけて、会派としての活動の幅を広げていきたいと思います。

Img_0974 午後からは、千葉県の健康福祉部、健康福祉政策課より本木副主幹をお招きして、医療政策に関する研修会を行いました。

今回の視点は、近い将来成田赤十字病院の施設整備に対する市の姿勢が問われることも想定されることから、県における保健医療計画の見直しや医療圏域の変更、そして成田赤十字病院の果たす役割などについて理解を深める事を目的としたものです。

成田市からも佐藤保健福祉部長他担当職員に参加していただき、意見交換を含めて医療の現状を理解する努力をしました。

これまで成田赤十字病院へは、市がこれまで多額の財政負担をしているにもかかわらず、市民からの多くの苦情が寄せられてきたところです。

そこで、改めて医療を取り巻く現状を理解し、今後さらなる負担を要請された場合の会派としての判断が求められるものと考え、研修会の実施となりました。

今回の研修では十分ではありませんので、さらに医療政策に関する内容について調査研究する必要性を感じたところです。

|

« 成田空港 クリスマスフェスティバル2008 | トップページ | 3rdから4thへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清掃作業と会派研修会:

« 成田空港 クリスマスフェスティバル2008 | トップページ | 3rdから4thへ »