« 中川財務相の会見 | トップページ | 新たな課題へ向けて »

2009年2月17日 (火)

空港関係講演会に参加

中川財務大臣の続投方針から一夜明けて、予算案の衆院通過後に辞任すると表明、その後即刻辞表提出。今思えば、昨日のうちに・・・と思うのは私だけでしょうか。

さて、今日は、成田商工会議所主催の「成田国際空港の将来展望について」と題した講演会に参加しました。

会場は成田国際文化会館の小ホールで、企業関係者などでほぼ満員の盛況ぶりでした。

講師には、国土交通省航空局長の前田隆平氏で、以下のような内容でした。

  1. 成田空港の現状について
  2. 首都圏空港における更なる容量拡大について
  3. 成田空港のアクセス改善に向けた取り組みについて
  4. 観光交流促進の取り組みについて
  5. 成田国際空港株式会社法の一部を改正する法案について

このうち、”2.首都圏空港における更なる容量拡大について”では、成田空港は国際線の基幹空港であることに変わりはないが、未だ多くの乗り入れ希望があるため、羽田に空きがある場合には羽田で受け入れる事になるとの認識が示されました。

これに加えて、”仮に羽田でいったん受け入れた場合、成田に移すというのは不可能である”とのことで、30万回を視野に入れた成田空港の更なる容量拡大が重要であるとの指摘もありました。

しかし、あくまでも成田・羽田両空港を一体的に活用して、24時間を通して運用可能な首都圏空港を整備するとの認識が示されたところです。

成田・羽田が補完しあい、成田のB滑走路2500m化、羽田のD滑走路供用によって、成田で+2万回、羽田の昼間+11万回深夜早朝+4万回、計17万回の発着枠が増加して、合計発着枠は69.6万回に達するすることになり、世界的にも首都圏の空港として引けを取らないとの見解も示されました。

また、前田局長は、「航空局としても成田の発着枠の増をバックアップしたい」とも述べられ、今後の地域の前向きな議論に期待をしていることがうかがえたところです。

最後に質疑の中で、質問者から「南の用地問題が解決した場合、南伸して3000m級の滑走路の建設は考えていないか」との問いに、「あくまで当初計画はも2500mなので、位置が違うとはいえ2500m化によって計画を達成したことになるため、南伸は現段階で考えていない」との言葉も聞かれました。

いずれにしても、成田空港の発展には地域の理解と努力が必要であることは言うまでもないようです。

|

« 中川財務相の会見 | トップページ | 新たな課題へ向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空港関係講演会に参加:

« 中川財務相の会見 | トップページ | 新たな課題へ向けて »