« 成田市の定額給付金 5月下旬ごろ支給か | トップページ | 議会が閉会 »

2009年3月17日 (火)

1000人の聴衆

今日は午前中に成田市土地開発公社の理事会、午後から議会運営委員会、全員協議会と続き、お通夜そして千葉県知事候補者 森田健作氏の個人演説会、最後は地元消防団の訓練と続きました。

議会運営委員会では、新たに議会改革のメニューとして、ホームページで以下の内容を公開する提案をさせていただきました。

  • 政務調査費の公開
  • 委員会会議録の公開
  • 各委員会の視察報告書の公開

協議の結果、継続して議論していくこととしましたが、私個人の意見として早めに出来ることは着手すべきとの考えを持っています。

しかし、今日の議運で6月議会初日に常任委員会委員と議会運営委員会委員を新たに選出し直す事が決定しましたので、検討中の議会改革の内容は、次のメンバーに引き継いでもらう必要が出てきました。

通常、各委員会委員の任期は、議員任期と同じで4年間ですが、成田市議会では申し合わせにより任期を2年としています。

この5月でちょうど2年を経過するため、各委員が自主的にその立場を辞職することとして、新たな委員会の構成を作ることになります。

これまで、選挙後2年を経過した時の常任委員会委員と議会運営委員会委員の選出は、6月議会の最終日に行っていましたが、自治法の規定を遵守することとして今回から6月議会冒頭に変更することとしたものです。

さて、夜6時から行われた森田健作氏の個人演説会ですが、準備不足にもかかわらず、約1000人が文化会館の大ホールを埋め尽くしてくれました。

これには森田候補本人も感激したようで、演説の冒頭、涙声で熱弁を振るう場面もありました。

いよいよ知事選も中盤です。事実上、3人に絞られてきた選挙戦、600万千葉県民のために誰が相応しいのか、棄権することなく投票所へ足を運んで欲しいと思います。

|

« 成田市の定額給付金 5月下旬ごろ支給か | トップページ | 議会が閉会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1000人の聴衆:

« 成田市の定額給付金 5月下旬ごろ支給か | トップページ | 議会が閉会 »