« 定額給付金 いつ支給? | トップページ | 航空貨物 激しい落ち込み »

2009年3月 6日 (金)

”細かいことは秘書が・・・”というセリフ

あっという間の1週間と言う感じでしたが、「民主党小沢代表の第1公設秘書 逮捕」という大きなニュースがありました。

世論調査によれば、次期衆議院選挙によって民主党が第1党となり、党首である小沢一郎氏が総理大臣になる可能性がかなり高くなって来ていました。しかし、秘書の逮捕と言うことになれば、大きなイメージダウンとなることは言うまでもありません。

連日のニュース報道によって、”西松建設からの迂回献金であったのでは?”との疑いの目も国民に拡がり始め、小沢代表自身の責任も問われてきているように思います。

一方、自民党所属の議員数人も、慌てたように西松建設関連の政治団体が購入していたパーティー券の代金を返還するとのニュースも続々と出てきました。

小沢代表も、自民党の某有名代議士も、会見の中で”そんな細かいところまでチェックできない”との趣旨の言葉が印象的でした。”秘書に任せてあるから私は解らない”という政治家特有の言い回しです。

確かに私達地方議員と異なり、国会議員の域においては全てをチェックすることは難しいのかもしれません。

しかし、”秘書が勝手にやったこと”という言い訳が果たして国民に理解されるでしょうか。身近な秘書をも統率できない政治家が国民のための政治が出来るのか、疑問です。

このような事を繰り返している限り、国民の政治への関心は一向に高まらず、むしろ政治離れも広がり、国際社会からの政治的な日本への評価も上がるはずもありません。

国民の中に生活が本当に苦しいと訴える人が増えています。その大きな原因が国政にあることを気づいて欲しいと願っている昨今です。

|

« 定額給付金 いつ支給? | トップページ | 航空貨物 激しい落ち込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定額給付金 いつ支給? | トップページ | 航空貨物 激しい落ち込み »