« 入園、入学シーズン到来です | トップページ | 母校の入学式 »

2009年4月 7日 (火)

成田市の教育 手厚い教員体制

今日は市内の多くの小学校で入学式が行われ、私も地元の三里塚小学校の入学式に来賓として出席しました。

今年三里塚小学校へ入学した新1年生は62人。規模としては、クラス編成を考えると適当な数です。しかし、地域格差の拡大によって学校規模にも大きな格差が生じ、同じ成田市内でも新入生の数は驚くほどの差があります。最も小さな東小学校は、事前の情報では1人。結果が気になるところです。

入学式の後半、職員の紹介がありました。

名簿を見ると、担任の先生以外に多くの名前が連なっていました。すでに成田市の職員体制の手厚さは認識していますが、名簿を見て改めてそれを実感したところです。

人を育てるには、物資や設備ではなく、やはり人。多くの税金を成田市の独自の教員採用に費やしている現在の政策は、間違いなく将来の成田の礎になるものと思います。

|

« 入園、入学シーズン到来です | トップページ | 母校の入学式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田市の教育 手厚い教員体制:

« 入園、入学シーズン到来です | トップページ | 母校の入学式 »