« 本日は京都でした | トップページ | 県の新人事 成田にとっては? »

2009年4月13日 (月)

小沢代表 進退について

先ほど、大阪から戻りました。大阪のタクシーの運転手さんとの会話で、橋下知事への期待感を実感することになりました。「とにかくめちゃくちゃに変えて欲しい」という言葉が印象的です。

さて今日は、民主党小沢一郎代表の進退について大阪からの帰路、ふと考えました。

先月初め、民主党 小沢一郎代表の秘書が政治資金規正法容疑で逮捕され、その後起訴されました。

麻生内閣の支持率と民主党の支持率は、それぞれこの事件直後からそれまでの流れを変えています。

マスコミやニュースでは、検察側の捜査に疑問視する声があります。しかし、国民の目には小沢代表に対する期待感は完全に薄れ、むしろ政権交代の受け皿の代表としての顔を望んでいるとは思えません。

事件の重い軽いではなく、政治資金に関係する問題で秘書が逮捕されたと言う事実からすると、小沢一郎氏は代表職にとどまるべきでは無いと考えます。

|

« 本日は京都でした | トップページ | 県の新人事 成田にとっては? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表 進退について:

« 本日は京都でした | トップページ | 県の新人事 成田にとっては? »