« 民主党代表選が気にかかっていました | トップページ | 新型インフルエンザの影響 どこまで »

2009年5月17日 (日)

熱い思いを共有 地元のお祭り運営に関して

今日の日中は、子ども二人を連れて買い物に。行先は富里市内にあるホームセンターで、我が家の照明器具を購入しました。

現在家族で住んでいる我が家は古いため、照明器具もかなりの年代物です。ほとんどが私が子供のころからのものですので、かれこれ30年くらいになります。

この2年ほど、実はかなりの不便な状態で使用してきましたが、さすがに限界に来ていたため、必要最低限の箇所だけ取り換えることとしました。それも出来るだけ価格を抑えて。

結果としては、5千円台のものが見つかり、妻からも”適切な選択”との評価をもらえたところです。

その後、夕方からは父の誕生日を祝して、兄家族と一緒にささやかな食事会となり、午後8時過ぎに帰宅したところへ、携帯電話が鳴りました。

内容は、お祭りの会議がありその後各団体の代表者が集まり協議しているので、すぐに来てほしいとの事でした。

はじめは少しアルコールも入っていたため躊躇しましたが、会場は自宅の前の飲食店という事もあり、子どもを寝かしつけて合流。同世代の仲間たちが現状の祭礼が置かれている問題、そして今後の在り方など真剣に話し合っていました。

今日のところでは結論を得るに至りませんでしたが、私が日頃感じていた問題に対して、実は誰もが同じ思いをしていたことがわかり、「どうにかしたい」という熱い思いを強く感じることができました。

小さな地域のお祭りですが、地元にとっては一大行事。そしてそれに関わる若者たちは熱い思いを持っています。

今日の熱い思いが、時間は掛かっても問題を発展的に解消してくれるような気がした深夜の会議です。

|

« 民主党代表選が気にかかっていました | トップページ | 新型インフルエンザの影響 どこまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱い思いを共有 地元のお祭り運営に関して:

« 民主党代表選が気にかかっていました | トップページ | 新型インフルエンザの影響 どこまで »