« 会派の主張懇談会 | トップページ | 苦情殺到 プレミアム商品券 »

2009年6月21日 (日)

地域と共栄する成田空港を

今日は午前中にNPO法人「こどもプラザ成田」の総会、午後からは成田空港騒音地域対策連絡協議会(通称 騒対協)の総会、そして懇親会に出席しました。

騒対協の総会には、国土交通省、千葉県、NAA空港会社等からも来賓として出席があり、それぞれの立場でご挨拶がありました。

Img_1201 私も市長に続いて2番目にご挨拶をさせていただきましたが、その中で、空港の発展がこの地域には不可欠であることを述べました。しかし、一方的に空港を発展させなければならないような風潮は、この地域の共栄に繋がらないという趣旨のお話をさせていただきました。

特に、空港会社の完全民営化に伴って空港と地域のつながりが希薄になる恐れを感じる昨今です。

成田だけでなく成田空港周辺地域は、成田空港に大きく依存している事は間違いありませんが、内陸空港である成田空港が地域の存在を軽く見るような事があってはならないと思います。

今後の成田空港のさらなる容量拡大に向けて、地元としても課題を解決して努力をすべきですが、これまで通りNAAをはじめとして、国・県を含めた行政サイドも騒音化住民の住環境と立場を理解する姿勢が継続されなければなりません。

私は、羽田空港の一層の拡充が進められていく中において、成田空港の今後の存在が薄れる事への懸念を強く持っていますが、騒音地域に住む住民の一人として、成田空港とともに更に発展していく成田市を望むものであり、双方の理解が必要であることを常に感じています。

|

« 会派の主張懇談会 | トップページ | 苦情殺到 プレミアム商品券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域と共栄する成田空港を:

« 会派の主張懇談会 | トップページ | 苦情殺到 プレミアム商品券 »