« 地元祭礼 仏教会50周年 消防 などなど | トップページ | 2市4町 議長懇談会 »

2009年6月30日 (火)

成田線 活性化なるか

現在午後1時を少し回ったところで、印西市で開催された「成田線(我孫子~成田間)活性化推進協議会」の総会に出席し、一旦帰宅しました。この後、神崎町で開催される2市4町の新旧議長が集まる行事に参加する予定です。

さて、”成田線”ですが、この鉄道の歴史は非常に古く、成田にとっても重要な鉄道の一つです。

しかし、近年利用者が減少し、沿線自治体の複線要望も叶わず、最近では増発などを中心とした「より利便性を高める」という運動に変わってきました。

今日の会議には、我孫子市、柏市、印西市、栄町、利根町、そして成田市から市長・町長、議長がそれぞれ委員として、また来賓としてJR、千葉県からの出席がありました。なお、会長は我孫子の星野順一郎市長です。

私のこの会への出席は初めてでしたが、かれこれ10年ほど前になりますが議員間で「成田線を便利にする会」を立ち上げ、組織した事を思い出します。

成田市民としては、あまり馴染みのない路線となってしまっている感がありますが、柏、松戸などの東葛地域への足としては重要です。

更に、東葛、埼玉方面から成田へのアクセスを考えるとこれもまた重要な位置づけでありますが、現状ではJR成田駅の構造上の問題などから成田空港への直通電車を走らせることが実現できていません。

私も年に1,2度の利用にとどまりますが、成田と東葛、東京、埼玉方面へのアクセスとして便利に利用させてもらっています。

今後も、我孫子市を中心にこの成田線の活性化を望む声が続くものと思いますが、今日の総会でもあった、”成田湯川駅での乗換え”、”成田空港への直接乗り入れ”この2つの実現が鍵のように思いました。

しかし、この2つの内容の実現にも、JR東日本をはじめ多くの関係団体等の調整と理解が必要で、ハードルの高さも感じている所です。

いずれにしても、”空・陸の交通の要衝”として成田が発展していくためには、成田線の位置づけも無視できないように思います。

|

« 地元祭礼 仏教会50周年 消防 などなど | トップページ | 2市4町 議長懇談会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田線 活性化なるか:

« 地元祭礼 仏教会50周年 消防 などなど | トップページ | 2市4町 議長懇談会 »