« 教育民生常任委員会 | トップページ | 6月19日分の内容です »

2009年6月18日 (木)

成田市の水道事業 厳しい将来見通し

今日は建設水道常任委員会が開かれ、委員として出席しました。

議案の審議は、大きな問題もなく短時間で終了しましたが、水道事業に関する報告については私を含めて様々な質疑がありました。

既に成田市の水道事業の将来見通しは、厳しい状況であることを何度か説明されていましたが、今日の資料を見てその現実を新たにしたような気がします。

今現在、成田市が給水している水は、市内15か所の井戸からの取水と、利根川の表流水を印旛広域水道から受水する事で賄っています。このうち、井戸からの取水は比較的安価ですが、印旛広域水道の水はそれに比べると高価なのです。

将来見通しでは、安価である井戸からの取水量が減少するため、その減少分を印旛広域水道からの受水で補わなければならないという事でした。

更に、現在も整備を続けている投資的な経費とそれに伴う金利負担、そして老朽化して来ている施設の更新も計画的に進めなければならず、近い将来水道事業そのものが赤字となると予想されています。

という事は、「水道料金を値上げしなければ」と考えるところですが、暫くはの現行の料金体系を維持して行きたいとの事でした。

しかし、今後の見通しからするとそれほど遠くない将来、水道料金の在り方について議論しなければならないのではないかと思います。

|

« 教育民生常任委員会 | トップページ | 6月19日分の内容です »

コメント

水道料金は他の公共料金に比較すれば現在のとこ

ろ安価であるように思えます

施設設備等により経費が嵩むのはある意味避けて

はとおれないでしょうから、技術や設備材料等の耐

久性を向上させて、維持管理費をできるだけ少なく

していくしかないのではないでしょうか

それよりも、水道料金を代行徴収している民間会社

の選定はどのような経緯になっているのですか?

投稿: 酒吞童子 | 2009年6月19日 (金) 13時06分

意味のないメーター交換も止めたほうがいいじゃないですかね

投稿: 通りすがりの人 | 2009年6月20日 (土) 19時47分

水道料金の徴収を委託している関係についてのお問い合わせいただきありがとうございました。お答えが大変遅くなり申し訳ありませんでした。
料金徴収を行っている会社の選定ですが、過去には随意契約で行われていましたが、昨年秋にプロポーザルを実施し、新たに5年契約で現在と同じ業者に決定しています。
このプロポーザルは、対象3社で1社が辞退、残った2社で価格を含めた総合的評価で決定したとのことです。
以上ですが、もっと詳しい内容が必要でしたら遠慮なく私まで問い合わせてください。

投稿: 小池まさあき | 2009年6月26日 (金) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田市の水道事業 厳しい将来見通し:

« 教育民生常任委員会 | トップページ | 6月19日分の内容です »