« 成田線 活性化なるか | トップページ | 「にほん」か「にっぽん」か »

2009年6月30日 (火)

2市4町 議長懇談会

神崎町で開催された、2市4町(成田市、富里市、芝山町、多古町、栄町、神崎町)議長懇談会に出席し、先ほど帰宅したところです。

この2市4町の枠組み、どこかで見た覚えのある方も多いことと思います。これは、千葉県が示した合併の枠組みそのもので、当初は合併に向けての組織化であったようです。

しかし、成田市議会としては当初、”成田市として次の合併への意思決定は何もしていない”、また”議会としても今後の合併に対して慎重論が多い”などから、合併ありきの組織に参加することへ難色を示していました。

その後、空港周辺議長の意見交換を主とした懇談会的な位置づけとなったことから、成田市議会としても参加する事になりました。

懇談会冒頭、ホスト役の寶田神崎町議会議長から、「成田市への合併は成田に断られたため実現は難しい・・・」という言葉が発せられました。

私としては、「成田に断られ」という言葉に少し違和感を覚えましたが、これまでの成田の姿勢を省みればそのような捉え方が正解かもしれません。

ただ、成田空港を核としたこの地域が発展するためには、空港の将来を地域として議論する必要があり、成田市単独ですべての物事を運ぶのは難しい現実もあります。

その意味において私は、今後も議会同士が連携を模索することも必要ではないかと感じているところで、長い目で見た場合、合併という選択肢を排除できないと考えています。

折りしも昨日、NAA空港会社より平行滑走路の2500M化に係る各施設が国土交通省の検査に合格、10月22日より供用されるとの報告がありました。

私としては、いよいよ成田空港の容量拡大を含めた将来像について、地元地域としても真剣に議論すべき時期に来たと感じており、成田市と周辺自治体との連携も重要となってくると考えているところです。

|

« 成田線 活性化なるか | トップページ | 「にほん」か「にっぽん」か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2市4町 議長懇談会:

« 成田線 活性化なるか | トップページ | 「にほん」か「にっぽん」か »