« 納涼祭 | トップページ | 全国議長会と印旛管内正副議長会 »

2009年7月30日 (木)

議会権限の強化を検討中

過去2年間、議会運営委員会で検討してきた議会改革の内、かなりの部分が達成されていますが積み残した課題も多くあります。

その中で、議会権限の強化、例えば議員提案による条例制定によって、法令で定められているもののほかに議決や議会への報告を義務付け出来ないものか非公式に検討していました。

これは、地方自治法96条に定められた議会が議決すべきもの、例えば条例の制定・改廃、予算の決定、決算の認定、訴えの提起などがありますが、同法同条第2項は以下のように定められています。

「普通地方公共団体は、条例で普通地方公共団体に関する事件(法定受託事務に係るものを除く。)につき議会の議決すべきものを定めることができる」

これは、議会としての権限を強化するもので、議会改革を進めて議会の活性化を議論する場合、活用する事例が拡がりつつあります。

そこで今日も成田市議会として、市の基本的な計画などの策定に対して議会の関与を条例化できないか議会事務局職員、担当課長と協議しました。

議会改革は、市民の皆さんにとって比較的地味な内容であり、その改革の成果も大きく取り上げられませんが、成田市政の発展に不可欠であると考えていますので、着実な進歩を遂げていきたいと考えています。

|

« 納涼祭 | トップページ | 全国議長会と印旛管内正副議長会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議会権限の強化を検討中:

« 納涼祭 | トップページ | 全国議長会と印旛管内正副議長会 »