« 市民運動会が動き出しています | トップページ | プロンプターの使用について  »

2009年8月 4日 (火)

「お盆」の意味 仏教会行事で再認識

B5601 成田市仏教会主催の「成田市戦没者英霊 新盆精霊(しんぼんしょうりょう) 慰霊流灯大法会(いれいりゅうとうだいほうえ)」が東和田駐車場にて行われ、議会を代表して追悼のことばを述べさせていただきました。

この行事への参加で、これまで何気なく伝統的習慣として過ごしてきた「お盆」について、改めてその意義を知る機会となりました。「今さら」と思われるかもしれませんが、その意味についてわからないのが現代の多くの人々ではないでしょうか。

昨日の「慰霊流灯大法会」が始まる前、頂いた資料の中に「お盆について」の記述がありましたので簡単にご紹介します。

「お盆」は、正式には「盂蘭盆会」(うらぼんえ)といい、インドの宗教行事でサンスクリット語の「ウラバンナ」(逆さ吊り)を漢字で音写したもので、略して「お盆」となっています。

この逆さ吊りですが、お釈迦様の弟子で神通力に優れたとされる目連(もくれん)尊者が、亡くなった母親が餓鬼道に落ちて逆さ吊りになっているところを神通力によって見ました。そこで、神通力によって目連は、地下深く暗い餓鬼道に降りてみると、餓鬼の姿となった多くの人々が苦しみ、その中に母親を発見したとの事です。

しかし、目連の神通力によっても母を救う事ができず、お釈迦様に助けを訴えたところ、「多くの人々に施しをすれば母親が救われる」と諭され、7月15日に多くの僧侶に対して食物を捧げたのです。すると、母親は救われ極楽往生をとげたとのことです。

そして、日本に仏教が伝来し、先祖を迎え食べ物を供養して送るという行事となってきたというのが由来のようです。

来週には「お盆」を迎えます。私も「お盆」の意味を理解して先祖を迎え供養したいと思った行事への参加でした。

|

« 市民運動会が動き出しています | トップページ | プロンプターの使用について  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市民運動会が動き出しています | トップページ | プロンプターの使用について  »